記事

コンテンツ

コミュニティー

ビール女子SNS

ビール女子について

お酒は二十歳になってから。

Recipe

白身魚の昆布締め酒蒸し たっぷり薬味のせ

白身魚 昆布締め 酒蒸し おつまみレシピ ビール

お好みの『白身魚』を、超簡単なひと手間で旨味倍増の『酒蒸し』に。モリモリ薬味をのせて、春先のやわらかい『カブ』と一緒に『ポン酢』で召し上がれ。低エネルギーの白身魚は遅めのツマミにも最適です。一人で食べるのも良し、振舞うのも良し。薬味の量と割合は好みにお任せします♪
Recipe by 舞子

材料

<2人分>
真タラ
2切れ
1g
昆布
1~2枚(長さ10cm)
カブ
1個
大さじ2
<薬味>
ミョウガ
1本
ショウガ
1片
カイワレ大根
1/2パック
ミツバ
2~3本
万能ネギ
2~3本
ポン酢
適量

作り方

Step1

昆布はサッと水で洗ってやわらかくなるまで置く。真タラはサッと流水で洗ってすぐにキッチンペーパーで水気を拭き取る。真タラの両面に塩をまんべんなく振り、昆布の上に身を下にしてのせる。ラップをして冷蔵庫で20分ほど休ませる。

Step2

カブは洗って茎を少し残して切り、8等分のくし切りにする。ミョウガとショウガはせん切り、カイワレ大根・ミツバは根を落として食べやすい長さのざく切りに、万能ネギは笹切りにする。切った薬味は小さめのボウルで全体を混ぜる。

Step3

耐熱の器か皿に昆布ごと真タラとカブを入れて酒を振り、アルミホイルをかけてしっかりと蒸気のあがった蒸し器で8~10分ほど蒸す(強火)。蒸しあがったら、盛り付けて(または皿のまま)ポン酢をかけて薬味をのせる。

Point

※今回は150gの真タラに約1gの塩を振りました。重量の0.6~0.7%を目安にしてください。目の細かい方がまんべんなく振りやすいです。昆布は魚の切身のサイズを目安に、大きければ半分に切ります。蒸し器がなければフライパンや鍋に湯を張り、ココットや足つきの網を土台にして皿をのせ、蓋をして蒸します。

ひとことコメント

冬の産卵後のタラは、身の質が良くなってきて美味しいですよ。特に北海道では今季真タラがよく獲れていてモノも良いので、今回使用しました。鯛やヒラメなど手に入る白身魚でお試しください(刺身用の冊でもいいですよ)♪


\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
舞子 管理栄養士

「食べちゃダメ」ではなく、「食べるためにどうするか」を提案することをモットーとしたビール好き管理栄養士。約10年の病院勤務を経て、現在は食育セミナーやレシピ提案など気ままに活動中。

この料理に合うビールは
ベルジャンホワイト

ベルジャンホワイトに合わせたいレシピ

舞子のレシピ

おうちで一人飲みレシピ

人気レシピランキング

こちらの記事もおすすめ


いいね!