Column 【栃木・日光ビール旅】ビール女子がゆく!お猿とクラフトビール求めてひとっとび!

2019/04/25


ビール女子の皆さん、こんばんは! ビール女子編集部のてまりです。
ビールをこよなく愛する私ですが、先日もビールを求めて、日光にひとっとびしてきたときの体験をイラストとともにお届けします!

お猿さんと眠り猫にご挨拶

日光といえば日光東照宮
20年くらい前に訪れた時と比べ、最近は外国人の観光客がたくさん来ています!

陽明門をはじめとする建造物の改修が平成25年から行われ、平成31年の3月に完了し、より煌びやかになりました!


有名な三猿のお猿さんもはっきりとしたお顔に生まれ変わりました。
実はこの三猿。人間の一生を風刺した計8枚の彫刻なんです!

見ざる聞かざる言わざるの部分は8枚のうちの2枚目にあたり、ちょうど人間の一生の幼少期を表しています。世の中の悪いことを見たり、聞いたり、言ったりしない、という意味が込められているとか!

そのほかの猿の彫刻にもそれぞれ意味があり、上を向いているのは目標を見つけたお猿さんだったり、落ち込んで友達に慰めてもらっているお猿さんもいて、人生で起こる様々なことを感じさせる展開になっています!

見ざる・聞かざる・言わざるの部分だけでなく、8枚の彫刻を通しでじっくり見てみることもオススメします!


もう一つ、東照宮の可愛いポイントと言えば眠り猫!

眠り猫は、猫に注目するだけでなく、ぜひ猫の裏側にもまわって見てください! 小さな可愛らしい雀が2羽、一緒になって飛んでいます。

眠り猫が気持ちよさそうに眠っているので、雀たちは安心して飛んでいられることから、平和な世界という意味が込められています。なんだかほっこりしますね!

日光街道沿いの素敵なブリューパブ!

さてさて、東照宮を楽しんだ後、日光駅方面に下っていくと日光街道が伸びていて、道沿いには訪れてみたかったブリューパブ「Murmur ”biiru” stand」があります。
ドキドキしながら訪問!

「Murmur ”biiru” stand」はこの場所でビールを作って提供しているブリューパブです。
この日提供されていたのは5種類ほど。500ccと250ccの2サイズがあります。

500ccが1,000円でその半分の250ccが500円なのも良心的と感じました。
飲んだビールをいくつかご紹介します!


『ブラウンエール』
透明感のあるカラメル色。シナモンを使用しており、ほのかに香りがします。
モルトの優しい甘みもあり、苦味も強くないので、クラフトビール初心者にもお勧めできる飲みやすさです。

『murmurペールエール』
透明感のある淡い琥珀色。爽やかなホップの香りとじんわりとした苦味があります。飲んだ中では一番苦味が強いですが、優しい苦味なので気軽に飲める味わいです。

『黒いビール』
コーヒー豆の漬け込んだスタウト。見た目はまさにコーヒー色。
焙煎された豆の香ばしい香りもします。色味からどっしりした感じがするかと思いきや、柔らかい飲み口です。度数が8%なので、ゆっくり飲みたいビールです。


「Murmur ”biiru” stand」のビールは、どれも飲みごこちが柔らかいビールでした! 使用している日光の水の関係で優しい仕上がりになっているとか。
お客様は外国の方も多く、英語が飛び交っていますが、ビールが好きならみんなすぐに仲良しになれますよ!

ビール女子にも登場したモンキーたちのビール!

さて、日光に一泊したのちもう一ヶ所行ってみたいところがありました。

JR日光駅から日光線に乗って下野大沢駅にて下車。そこから道を歩くこと20分。黄色地にピンクの文字でNIKKO MONKEYSと書かれたのぼりが見えてきます!

というわけでやってきたのは「Nikko Brewing」!
工場併設でビールを提供しています。おつまみなどの持ち込みOKです。
ピカピカのタンクを眺めつつ、この日提供されていた3種類を全て制覇しましたので、ご紹介!

『Premium Lager』
少し濁りのある小麦色。細かい泡で炭酸感がしっかりとあります。苦味はさっぱりとしていています。ラガーの飲みやすさと、しっかりとしたコクとが両立している美味しさ!

『PALE ALE』
少し濁りのある小麦色。ホップの爽やかな香りがします。
飲んでみると柑橘系のような苦味が効いており、舌に余韻が残ります。
アルコール度数が3.5%とそこまで高くないので非常に飲みやすいです!

『ゆずPale Ale』
文字通り、ゆずを使ったペールエールです。濁りのある淡い黄金色。
ゆずの皮もわたも果肉も使っていて、ゆずの香りが心地よく香ります。
飲むと柚子由来を思わせる苦味を感じ、後味にもゆずの香りと苦味が残ります。爽やかな柚子の風味につられてスイスイ飲めてしまいそうですが、アルコール度数が7%ほどあるので、ゆっくり飲んだ方が良さそう!

工場併設のところで飲めるのは本当に格別ですよ!

「Nikko Brewing」の『Premium Lager』と『PALE ALE』は宇都宮駅にて瓶で購入できますので、帰りのお土産にもってこいです! もちろん私も購入しました。お猿さんたちがとってもファンキーな楽しいラベルです!


まだ少し寒さの残る日光でしたが、東照宮だけでなく、ここでしか飲めないビールを求めていくと、また違った視点で日光を感じることができますよ!
これからグングン暖かくなるこの季節。ビール女子のみなさんも、気になるビールを見つけたら、ひとっとびで行ってみませんか?


\合わせて読みたい/
【北海道ビール旅】ビール女子がゆく!ビールと新子焼きを求めてひとっとび!

【北海道ビール旅】ビール女子がゆく!各地のクラフトビールを求めてひとっとび!

【京都・奈良ビール旅】ビール女子がゆく!タップルームを求めてひとっとび!前編


【京都・奈良ビール旅】ビール女子がゆく!京都のビアバー求めてひとっとび!後編




\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
てまり ライター・イラストレーター

ビールと美味しい料理のあるシーンには笑顔が生まれる!という気持ちで、ビールとおつまみの関係を日々妄想しています。現在、ビールと共に手料理を振る舞える場を模索中。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ