Column 【プレイリスト】ビールと過ごすあなたに贈る10曲「秋のはじまり」

2019/09/11

夏が終われば、季節は秋。
少しずつ葉を赤やきいろに染め、ふんわりと銀杏の香りを運んでくる秋は、曖昧なはじまりとは裏腹に、たくさんの実りを運んできてくれます。


今回、ビール女子が贈るSpotifyプレイリストのテーマは「秋のはじまり」。

空高く、色鮮やかな秋のはじまりを、なぜか少し切ない気分になる秋の訪れを、ビールと音楽とともに感じてみませんか。



カネコアヤノ “愛のままを”

夏の暑さにまぎれて言えなかったことばが、秋になるとなぜか口をついて出てしまう。

赤く染まる秋もビールも、ふだんは言えないことが言えてしまったりして、不思議な魔法をもっている。

赤い靴 “赤い林檎”

だんだんとゆっくり流れる季節には、こっくりと味わい深いビールを飲みながら思いを馳せたくなる。

絵本のなかに入ったかのような音楽を聴きながら、ただただ時間の流れに身をまかせる。

たまに、その絵本のなかに入れたらなんて考えたりして。

奇妙礼太郎 “よっぱらってる、いつも”

ビールを一緒に飲んだらすぐ仲良くなれるけど、何を話したかって覚えてなかったりする。

でも重要なのはたぶんそこじゃなくて、そのときその場所で心置きなく楽しんでたのかってことなのかも。


モーモールルギャバン “消えて”

夏のおわりとともに消し去った思いが、寒くなってくるとふとぶり返してくることがある。

楽しい思い出ならいいんだけど。

そんな気だるい思いは、ビールで流し込んじゃえ。

AKB48 “夕陽を見ているか?”

少しずつ色が変化していく夕方の空が好き。

心を映しているようでもあり、1日のがんばりを癒してくれるようでもあり。

一段と高くきれいな秋の夕陽を眺めるそのひとときだけは、自分だけのもの。

PUNPEE “Scenario(Film)”

「あぁ、この映画みたいな結末になればいいのに」なんて思うことはたくさんあるけど、そんなことは起こるはずもなくて。

巻き戻しのできない人生のなかで後悔をたくさんしたとしても、大切な場面ではちゃんと決断したい。

アデル “Someone Like You”

昔の恋人が結婚したと聞くと、こんなにも切ない気持ちになるのはなぜだろう。

記憶の片隅にいるあなたの顔は、もう霞んで見えない。

忘れたと思っていたけれど何も考えられなくなって、なぜか私の体はかたまり胸をきゅっと締め付ける。

Mom “Mr.Lonely”

涙を流して流す心の垢。

すべて流し去ったら、あなたにとって大切なものを思い出して。

朝に飲むコーヒー、駅までの道から見える夕陽、ベランダで飲むビール。

そんな何気ない当たり前の日常を、少しずつ取り戻して。

SIRUP “LOOP”

毎日毎日同じことの繰り返し。

でも、それが嬉しいと感じることもある。

たとえば、毎日のおつかれビールとか。

KIRINJI “エイリアンズ”

いつも見ているなんの変哲も無い私の町が、赤やきいろに彩られていく。

それだけで、少し楽しい気持ちになることに、最近気づいてしまった。

四季がある日本。四季に惑い誘惑される私。

どう見えるのかは、ぜんぶ自分次第。

変わる町の風を感じながら、今夜はお月見ビールでもしてみよう。


\これまでのプレイリストはこちら/





\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
山吹彩野 編集・ライター

星の準ソムリエの資格を持つ星空エディターで、星や宇宙を編集して伝えるWEB SPACE「星とくらす」を運営。最近では星を眺めながら、ビールと宇宙をつなげたいと日々考えている。好きなビアスタイルはIPA。音楽、カメラが好き。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ