Release ワイン?いいえ、ビールです。サンクトガーレンから天使と悪魔の「麦のワイン」2種数量限定販売!

2019/10/29

まもなく、2019年のボジョレー・ヌーボーが解禁されますね。普段はワインを飲まない方でも「この日はボジョレーを買う!」という方も多いのではないでしょうか。そんななか、ビール好きの方にボジョレ・ヌーボー解禁日にこそぜひ飲んでいただきたいビールがあるんです!


神奈川県厚木市の元祖地ビール屋サンクトガーレンより、2019年11月21日(木)に発売される『Un angel 2019/ウン アンヘル2019(天使)』と『el Diablo 2019/エル ディアブロ2019(悪魔)』。ワイン並の高アルコールを持ちワインのように長期熟成が可能なビール“麦のワイン”2種類が、2019年11月21日(木)から各6,000本限定で発売されます。

優しい味わいを楽しむ“天使”ビール

今回サンクトガーレンより発売されるビール2種のコンセプトは、“天使”と“悪魔”。「これ、瓶ビールなの?」と思ってしまうほど美しいフォルム。白色は“天使”、紫色は“悪魔”を表しているようです。


白いパッケージの「Un angel 2019/ウン アンヘル2019(天使)」はウィート、つまり小麦でつくられています。

通常ビールに使用する大麦よりもたんぱく質が多く、口当たりが柔らかでまろやかな印象。また、ホップの使用量も控えめなので、麦の優しい味わいを楽しむ“天使(アンヘル)”という位置付け。

しかし、ワイン並みにアルコールが高いのも特徴のひとつ。ワインのように月日を経て熟成していきます。

蜜のようにとろりと濃厚な“悪魔”ビール


一方の「el Diablo 2019/エル ディアブロ2019(悪魔)」はバーレイ=大麦でつくられたビールです。

通常のビールと同じく原料は麦芽とホップと水のみですが、通常と違うのはその使用量の多さと熟成にかかる時間の長さ。

「el Diablo 2019」は、通常の2,5倍の麦芽、6倍のホップを使用してつくられるため、濃厚で蜜のようにとろりとした官能的な口当たりになっています。


“麦のワイン”とは?

アルコール度数が10%と、通常のビールに比べ約2倍の度数はブランデーを思わせる成熟感があります。




麦のワインは19世紀に寒冷でブドウ栽培が出来なかったイギリスが、フランスワインの人気に対抗してビールでワインのようなものを造ったのがはじまりと言われています。“ワイン”と名に付くようにビールでありながらワインに匹敵するアルコールを持ち、ワインのように年単位での長期熟成が可能です。

サンクトガーレンでは2006年よりバーレイワインを発売2012年よりウィートワインを追加しました。

麦芽10%増量で、より濃厚な飲み口へ!

今回のリニューアルでは、アルコール度数を10%に抑えたまま、麦芽の使用量を10%増量しました。
飲み口の甘さとして残しつつも、麦の甘味が凝縮したこってり濃密な飲み口は、すっと喉を流れていく通常のビールとは一線を画すインパクトです!




また、柑橘フレーバーをメインとするホップ品種を増量し、ホップの投入タイミングを醸造工程の後半に増やすことで、柑橘を思わせるアロマとフレーバーが際立っています。




普通ビールは新鮮で出来たてが喜ばれますが、麦のワインは逆。ビールファンの間では古いほど価値が高いとされます。そのため多めに購入して熟成させ、前年のものと飲み比べを楽しむ方や、結婚や出産の年の記念に購入し節目の年に楽しむという方も多くみられます。

栓を開ける瞬間まで発酵が続く、単なる酵母入りビールとは一線を画す、本当に生きているビールです。

一緒に食べたいおつまみは?


クリチde柴漬けディップ&メープルアーモンドディップ

『クリームチーズ』を使って2種類のディップ。なんと、お漬物の色鮮やかな『柴漬け』を使ったり、定番の『メープル&ナッツ』でデザート感覚のディップも。どちらも手間いらずのレシピなので作ってみる価値あり!(レシピはこちら


一緒に聴きたい音楽は?


ものんくる “魔法がとけたなら”

濃厚な“麦のワイン”との時間には、ゆったりとしたこの曲がぴったり。大切な人とビール解禁を祝う特別な時間にも寄り添ってくれそうです。

ボジョレー・ヌーボーと同時解禁!

ボジョレー解禁日は、ふだんワインを扱っていないビアバーも例外的にボジョレーを取り扱うほど、酒業界にとっても大きなイベント。でも、ビアバーならビールでお祝いしたいと徐々に「ビールファンならボジョレー解禁日は麦のワインで」が定着しているそう。一部ビアバーでは深夜0時に同時解禁も行われます。

2019年11月21日(木)にワインではなく、麦ワインを楽しんでみてはいかがでしょうか?

松村 七海

麦ワイン…興味津々です!ちょっとお値段はするけれども、自分のご褒美にいいかなー…と!


『Un angel 2019/ウン アンヘル2019(天使)』

  • 〇発売日:2019年11月21日(木)
  • 〇ビアスタイル:Wheat Wine/ウィートワイン(小麦のワイン)
  • 〇アルコール度数:10%
  • 〇主原料:小麦麦芽、ホップ
  • 〇ボトル内容量:300ml
  • 〇希望小売価格:1,000円(税抜き)

『el Diablo 2019/エル ディアブロ2019(悪魔)』

  • 〇発売日:2019年11月21日(木)
  • 〇ビアスタイル:Barley Wine/バーレイワイン(大麦のワイン)
  • 〇アルコール度数:10%
  • 〇主原料:大麦麦芽、ホップ
  • 〇ボトル内容量:300ml
  • 〇希望小売価格:1,000円(税抜き)
ボトル販売場所
サンクトガーレンのオンラインショップ(https://www.sanktgallenbrewery.com/online-shop/)、西武池袋本店、東急百貨店 吉祥寺店、イオンリカー(一部店舗除く)、横浜高島屋、京急百貨店、そごう大宮店、ながの東急百貨店、近鉄百貨店 上本町店ほか。
※百貨店はお酒売場での販売です。
※各店の入荷分には限りがありますので、完売の際はご了承下さい。

樽生販売店舗
Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)
※このお店では麦のワインの在庫がある限りずっと樽生でお楽しみ頂ける予定です。
※他の販売店舗は公式サイトで随時アップします。

【随時更新】発売日がひと目でわかる!新発売ビールカレンダー

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
松村七海 ライター

ビールと音楽があれば頑張れるビデオグラファー。映画もゲームもテレビも旅行も野外イベントも、楽しいことが趣味。そして猫をこよなく愛する。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ