Event [Meet the brewer]ブルワーさんに会おう!!vol.5 木曽路ビール

2013/10/29

 

02


クラフトビールの作り手をお呼びして
その想いやビール作りのトークを聞くことのできる代々木WateringHoleの不定期イベント、
「Meet the brewer vol.5 木曽路ビール」が10月12日土曜日に開催されたので参加してきました。

 

今回のゲストは長野県の「木曽路ビール」の醸造長である加地真人さん。

先月、木曽路ビールのブログにて、10月末で木曽路ビールを退職されることを発表され、
これが最後の大仕事(?)とおっしゃっていました。
ご自身のビール醸造との出会いから、木曽路ビールでのこと、ビールに対する真剣な想い、
そして加地さんの今後まで幅広くお話していただきました。

 


[caption id="attachment_2020" align="alignleft" width="150"]ペールエール -シムコーシングル+シムコードライホッピング- ペールエール
-シムコーシングル+シムコードライホッピング-[/caption]

当日はWateringHoleも完全に木曽路ビール祭!
全17種類の木曽路ビール達が提供されていました。
お店からの「加地さん的おすすめビールBest3は?」との質問に対しては「定番3種」と即答。作りこんで作りこんで完成系に至ったビールなので、とにかく飲んでほしい。「いつもあって、いつもおいしい」を目指しているビールです。

ちなみに、定番3種とは「キソジプレミアムラガー」「ペールエール」「ポーター」のことで、木曽路ビールのホームページでも紹介されています。

 

 

 

◯クラフトビールとの出会いから木曽路ビールで働くまで

加地さんのクラフトビールとの出会いはカナダ在住時のこと。はじめは「ぬるいし炭酸ないし、なんてビールだ!」と思ったほどでしたが、飲むうちにどんどんはまっていきました。

そこから自家醸造をするようになり、作ってはパーティー、作ってはパーティーという日々を過ごしているうちに、日本に帰っても仕事にしたいと思うようになり、あれよあれよと言う間に木曽路ビールで働くことに。

 

◯最近のクラフトビール業界について

最近のビール業界は相当盛り上がっている一方、
流行に乗っていい加減な管理でビールを提供しているところがあるということも事実。
業界が、きちんとしたビールを提供しきれていないという危機感を持っています。

飲んだ人が「ん?」と思ったら、きちんとお店に伝えることが大切です。

 

◯木曽路ビールのこれから

木曽路ビールのコンセプトは「ドリンカビリティ」=「飲み飽きない、もっと飲みたい」

加地さんは、ご自身のビールへの想いを具現化するために新しい道へと進まれますが、
後任の方もこの「ドリンカビリティ」というコンセプトはぶらさず、新しい事にも挑戦していかれます。

 

◯質問コーナー

Q:目標にしているブルワーさんは?

A:特にいない。自分で満足できて、お客さんに満足してもらえるものを作ることだけ。

でも、ブルワー同士の情報交換は欠かさない。(熱愛中の彼氏彼女より激しいとか!)


 

Q:「美味しい、まずい」と「好き、嫌い」の違いは?

A:「美味しい、まずい」は、そもそもビールとしてありえないもの。

腐った味がしたり、口に入れた瞬間にぬめぬめしたりとか・・・。


 

Q:今回お店で提供しているレアビールの中で、加地さん的Best3は?

A: まずは、「定番3種」。

それ以外では


【第3位】待夢珈琲イブラヒムフレンチエスプレッソポーター

定番のポーター(黒ビール)に加地さんが大好きな珈琲店の豆から抽出した
エスプレッソを加えています。(10年以上飲み続けている珈琲だとか!)
香ばしいエスプレッソのいいにおいが香るビールです。

【第2位】Volcano -1年熟成版-

赤い色のビールで、タンクの中でマグマのように発酵していたのでこの名前に。
アルコール度数が高く(9.7%)、パイントグラス(473ml)で飲む事は
加地さん自身もおすすめしないほどのビールです。
ご自身もこのビールを飲んで、カクンカクンになったことがあるそうです・・・。

【第1位】水辺の宴

木曽路ビールとウォータリングホールとのコラボビール!
動物達が水辺に集い喉を潤すように美味しいビールで喉を潤してほしい
という思いで作られたビール。
瑞々しく、女性にも飲みやすいビールです。

 

◯最後に加地さんから一言

「今後もお客さんの期待を裏切らないように、そして、自分も満足のできるビールを
ただひたすら作っていきたいと思いますので、皆さん応援をよろしくお願いします」

 

 

お話の後も、加地さんは閉店までお店にいてくださいました。

今回のイベントを通して、加地さんのビールに対するアツい想い、
また、ビール業界全体への大きな愛を感じました。

また、会場にいたお客さん達からもビールへの愛がビシバシ伝わってきました。
ビール初心者の私でも気さくにお話ししてくれて、初対面の方と2軒目に行ってしまいました!
こういった出会いがあるからこそ、ビールはやめられないと実感しました。(飲めもしないのに)

 

 

◯特殊精砿株式会社ホテル木曽路 木曽路ビール



〒399-5302
長野県木曽郡南木曽町吾妻2278
0264-58-1126

◯タルシス リッジブルーイング カンパニー&ウォータリング ホール
〒151-0051
渋谷区千駄ヶ谷5-26-5-103
03-6380-6115
15:00-23:30(Food L.O.22:30, Drink L.O. 23:00)

◯[Meet the Brewer!] ブルワーさんに会おう!vol.6開催決定!

【ゲスト】
「あくらビール」(秋田県) 醸造長・長谷川信さん

【日時】
11月17日日曜日 17時~

【参加費】
あくらビールさんのビールを飲んでくださればOKです!

詳しくはコチラ


\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
こあな ディレクター/ドライバー

自称、ビール女子編集部内No.1の下戸。ビール速度は時速1杯。そのため、長距離移動時は進んでサクリファイスとなり、運転を買って出る。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ