News クラフトビールとウィスキーのペアリング! 2日間限定のパブ登場

2017/02/28

No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛飲されている「JAMESON(ジェムソン)」と、日本のブルワリー「DevilCraft(デビルクラフト)」が夢のコラボ!  2017年3月18日(土)・19日(日)の2日間、表参道のバツアートギャラリーにて、『THE JAMESON SAINT PATRICK’s PUB (ザ・ジェムソン・セント・パトリックス・パブ)』が2日間限定でオープンします。

Gaikan


 

古くから親しまれてきたウィスキー×ビール


ウィスキーとビールは古くから一緒に飲まれており、これはウィスキーを飲む際にまずはアルコール度数の低いビールで喉を癒すことが始まったと言われています。ウィスキーとビールはどちらもモルト(麦芽)が主原料で、糖化・発酵させる工程を経てから、ウィスキーは蒸留・樽熟成し、ビールは醸造します。このように繋がりが強いことから、一緒に飲んだ時にとても相性が良く、現在ではビアバック、チェイサーなど様々な呼び名で親しまれているんだとか。

 

最高のペアリングを体験!


2日間限定でオープンするポップアップパブ『THE JAMESON SAINT PATRICK’s PUB』では、「JAMESON(ジェムソン)」ウイスキーと「DevilCraft(デビルクラフト)」 の人気クラフトビールのペアリングセットが販売されます(※料金:1,000円) 。


ライターの紹介

アイコン
酒井由実 ビール女子編集長

93年三重県生まれのビアソムリエ。大学ではビールの嗜好とマッチョカルチャー(男性的概念)の因果関係について研究。ビール女子編集部のライター・エディターとして、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく日々活動しています。