Event 【潜入レポ】関東最大級の沖縄イベント『はいさいフェスタ』が熱かった!!

2017/05/03

この連休は沖縄の夏気分を心ゆくまで感じてみませんか? 関東最大級の沖縄イベント『はいさいFESTA 2017』がJR川崎駅前の複合商業施設「ラ チッタデッラ」にて、2017年5月3日(水・祝)~7日(日)の期間限定で開催されています。

 

川崎駅から徒歩5分! 開放感あふれる会場で


『はいさいFESTA 2017』は個性豊かなグルメ・ダンス・カルチャーをまとめた沖縄イベントです。会場は川崎駅から徒歩約5分の複合商業施設「ラ チッタデッラ」。ヨーロッパを思わせるおしゃれな空間が広がります。

会場に着くとすでに多くの人々で賑わっている様子。三味線の愉快なメロディーが聴こえてきたり、美味しそうな香りがプンプン漂ってきたり、まるで沖縄に旅行へ来た気分に。

 

沖縄のお酒が大集結! ビッグサイズのクラフトビールも


ぽかぽか太陽のもと、真っ先に喉に通したいのはやっぱりビール! イベントには沖縄の定番ビール「オリオンビール」を始め、沖縄からやってきたクラフトビールが数多く揃います。

 

沖縄と縁が深いここ川崎で押さえておきたいのが、川崎生まれ川崎育ちのクラフトビール「T.T BREWERY(ティーティー ブリュワリー)」。
自社工場で造る完全オリジナルビールは、川崎でしか味わうことができません。

「はいさいフェスタ」に合わせて醸造したという、海色の「美らブルー」や「シークワーサー」ビールなど沖縄感じる個性あふれるクラフトビールが揃います。

中でもおすすめなのが「シークワーサー」ビール。
柑橘感じる香りと爽快な喉越しが心地よくて、ビールの苦味が苦手だという女性にもぴったりのクラフトビールです。

 

さらに、沖縄の代表とも言えるヘリオス酒造からは、「ゴーヤーDRY」や「青い空と海のビール」など、沖縄ならではのクラフトビールが勢ぞろい!

注目すべきは「はいさいフェスタ」限定 1.2Lのメガサイズビール!
青空のもと、こだわりの味わいをごくごくと贅沢に飲むことができて、こりゃたまらん。ペロリと飲み干しちゃうビール女子も多いのでは(!?)。

 

さてさて、ビールで喉を潤したら、お次は泡盛なんていかがでしょうか? 「はいさいフェスタ」では、沖縄県内の47酒造所すべての泡盛の銘柄がラインナップ。

普段流通していない貴重な泡盛や限定の泡盛など、他では飲めないものを用意しているとのこと。沖縄からやってきたスタッフさんが一押しを教えてくれるので、好みの一杯に出会えるはず。

 

約50店舗がずらり!沖縄の味が大集結


会場には、沖縄料理屋台や物産展など約50店舗が並びます。そのうち約3分の1が沖縄からやってきたお店が出店しているとのこと。「はいさいフェスタ」でしか出会えない本場の料理を楽しむことができます。

 

沖縄でお祝い事のときに食べることが多いというおめでたい料理「ヤギ汁」(700円)。クセのある味わいはビールが止まらなくなること間違いなし。

 

希少なブランド豚「沖縄島豚黒将」を使用した「ローストポーク丼」(500円)。特製ソースがたっぷりとかかって、その美味しさについつい笑顔がこぼれます。

 

軟骨がとろとろになるまで煮込んだ「軟骨ソーキそば」(700円)。口の中で溶けるように広がる肉の旨味が絶品。禁断のビール×炭水化物はやっぱり美味しい!

 

ステージも必見!人気沖縄アーティストが続々と登場


さらに会場のステージの上では、沖縄アーティストが「はいさいフェスタ」を盛り上げます。イベント開催中は、新旧沖縄ポップスから伝統の民謡、三線、演舞まで沖縄出身のアーティストが大集結するとのこと。会場の音楽に合わせて歌って踊って、ビール片手に楽しんでいる方がたくさんいました。

チネチッタ通りでは、過去最多のエイサー団体10チームが日替わりで出演します。きれいな歌声と三味線の演奏、そしてエイサーの迫力あるパフォーマンスは圧巻! 沖縄のお祭り気分を心ゆくまで楽しめます。

 

関東最大級の沖縄イベントは7日まで開催中


2003年に第1回が開催されて以来、今年で14回目の開催となる『はいさいFESTA 2017』。昔から沖縄との縁が深い川崎で、本物の沖縄文化を味わうことができる毎年恒例ビッグイベントです。

この連休は、ビール片手に沖縄の魅力とことん感じてみてはいかがでしょうか。5月7日(日)まで開催されているのでぜひ足を運んでみてくださいね!

 

■『はいさいFESTA 2017』イベント詳細:http://lacittadella.co.jp/haisai/

ライターの紹介

アイコン
酒井由実 ライター・エディター

93年三重県生まれ。ビアソムリエ。ビールを一口飲んだその瞬間からその美味さに感動、ビールの虜に。大学ではビールの嗜好とマッチョカルチャーの因果関係について研究。ビール女子編集部のライター・エディターとして、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく日々活動しています。

関連記事

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子