Event 中国上海「ボクシングキャットブルワリー」醸造長の来日イベントに行ってきた

2017/10/05

中国上海の「Boxing Cat Brewery(ボクシングキャットブルワリー)」醸造長が来日し、代々木にあるクラフトビール専門店のウォータリングホールにてタップテイクオーバーが開催されるという事で行ってきました。

ボクシングキャット、クラフトビール、boxingcat(写真右)醸造長のマイケル・ジョーダン氏

「Boxing Cat Brewery(ボクシングキャットブルワリー)」は2008年、上海で設立されました。

創業者は友人同士であるゲイリー、リー、ケリー。周辺地域には自分たちが味わいたい美味しいクラフトビールと料理を提供するお店がどこにもないので、作ってしまおうと話し合ったところからスタートしました。ゲイリーは元々醸造家、ケリーは料理人だったのも設立に至った大きな理由です。現在プルーパブ3店鋪、姉妹店1店鋪を出店しています。

現在の醸造長はアメリカ人のマイケル・ジョーダン氏。(有名バスケットボール選手と同じ名前ですね! )アメリカのオレゴンやデンマークの醸造所での経験を経て2010年からBoxing Cat Breweyにて醸造長として、数々の賞を受賞するビールを造り続けています。

2016年には歴史と権威のあるビールの世界大会「ワールドビアカップ」で、定番ビールの1つ「リングサイドレッド」が銀賞を受賞。これは中国の醸造所で初の快挙となりました。

ペールエール、コンテンダーエクストラ、クラフトビールContender Extra Pale Ale コンテンダーエクストラペールエール

今回行われたタップテイクオーバーでは定番ビール4種類が味わえました。

Right Hook Helles ライトフック ヘレス 4.5%

ミュンヘンの伝統的なビアホールで良く飲まれるビアスタイルのヘレス。ババリア産ノーブルホップを使用し、やわらかな香りでモルティーなビール。
オーストラリアン・インターナショナル・ビアアワード 2012 銅賞

Contender Extra Pale Ale コンテンダーエクストラペールエール 4.9%

モザイクホップを使い、苦みは控えめでフルーティーな味わいのビール。

Ringside Red リングサイドレッド  5%

ドイツ産麦芽を使用し、香り高くリッチな味わい。後味はクリーン。料理とも合わせやすいビール。
アジア・ビアカップ 2013 銅賞
ワールドビアカップ 2016 銀賞(中国の醸造所で初受賞)

TKO IPA ティーケーオーIPA 6.3%

クリスタルモルトと3種類のホップを使用し柑橘系の香りと複雑な味わいを感じるビール。
オーストラリアン・インターナショナル・ビアアワード 2011 銅賞
アジア・ビアカップ 2013 銀賞

レッドエール、リングサイドレッド、クラフトビールRingside Red リングサイドレッド

「ドリンカブルを追求したビール」と醸造長のマイケル氏。いずれも苦みを効かせたビールというよりも、やわらかでドリンカブルだけど複雑な味わいのあるビールでした。

「Boxing Cat Brewery」は8種類の定番ビールを含め年間30種類以上のビールを醸造。また、バレルエイジ(樽熟成)にも力を入れていてその規模は中国最大なのだとか。バレルエイジにはコニャック、バーボン、ウィスキー、赤ワイン樽を使用しているそうです。

日本や上海旅行で見つけたら、ぜひ味わってみてくださいね。

ボクシングキャット、クラフトビール

Boxing Cat Brewery(ボクシングキャットブルワリー)

〇URL:http://www.boxingcatbrewery.com/ (英語、中国語のみ)

ライターの紹介

アイコン
福岡 桃子 プランナー / ライター

元海外ツアコン(添乗員)。その後インテリア業界へ転身。 ドイツ、イギリス、チェコ、ベルギーなど海外で多種多様なビールに出会い興味津々に。5年ほど前にデンマークMikkellerのビールを味わい、ラベルデザイン、店舗の美しい内装インテリアなどにもときめき急速にビール愛に目覚める。 国内のビール醸造所をめぐり味わう旅にも喜びを見出す日々。 現在はイベントを通して北欧ビールを食やデザイン、文化とともに一緒に学んでいく会の開催を試み中。

新着記事

今週の人気ランキング