News アサヒ新ブランド「TOKYO隅田川ブルーイング」が気になる!

2017/09/06

アサヒビール株式会社のクラフトビール開発拠点「隅田川パブブルワリー」が、2017年7月にグランドオープンしました。それに伴って、新ブランド「TOKYO隅田川ブルーイング」から3種類のクラフトビールが登場しています。


インスタジェニックなブルワリー

7月にオープンしたばかりの「隅田川パブブルワリー」は、ビールの新ブランド「TOKYO隅田川ブルーイング」の研究開発や情報発信の拠点として活躍する醸造所。もともとは、東京で初めてクラフトビールを製造・販売した歴史的な場所です。この夏にリニューアルされ、スタイリッシュなおしゃれスポットとして生まれ変わりました。ビアグラスみたいに丸みをもった建物で、ビールの泡が溢れているかのような飾りが外観に施されています。

「隅田川パブブルワリー」の1・2階には、クラフトビールとそれに合う料理が楽しめるブルワリーレストランが2店オープン。私たちの声や反応を醸造家がすぐそばで感じることで、さらにおいしいビールの醸造につながることが期待されています。レストラン内はウッディかつムーディーで、最高にフォトジェニック。いつもとはひと味もふた味も違う、最高におしゃれな乾杯ができる場所です。


どれも飲みたい!3種類の新ビール

「隅田川パブブルワリー」のオープンに合わせて、ビールブランド「TOKYO隅田川ブルーイング」から3種類の新しいビールがお披露目されました。

○「TOKYO隅田川ブルーイング ケルシュスタイル」
1995年発売の東京クラフトビール第1号のレシピを刷新し、上面発酵による華やかさとすっきりした清涼感を実現した看板ビール。

○「TOKYO隅田川ブルーイング 香るヴァイツェン」
厳選酵母を使用した、やわらかな口当たりと果実を思わせる香りが特徴のホワイトビール。

○「TOKYO隅田川ブルーイング ビタースタウト」
厳選したビターホップを100%使用し、深いコクと上質な苦みを引き出した黒ビール。

これらのビールは、2017年9月12日(火)から東京23区内の飲食店で楽しむことができます。「隅田川パブブルワリー」では既に販売されているので、みんなよりいち早く飲みたいという人はぜひブルワリーを訪れてくださいね。それぞれのビールの良さがより際立つジョッキやグラスも揃っています。

最高におしゃれな空間で、しっとり大人な雰囲気でクラフトビールを楽しめる「隅田川パブブルワリー」。恋人や友達と、いつもよりおしゃれして出かけてみてはいかがでしょうか?


店舗情報

●レストラン「TOKYO隅田川ブルーイング」
○場所:東京都墨田区吾妻橋1-23-36 アネックスビル 2階
○営業時間:11:30~22:30(L.O.フード21:30、ドリンク22:00)
○定休日:年末年始、施設休業日
○席数:78席(個室、テラス席あり)
○電話:03-5608-3832

●レストラン「TOKYO隅田川ブルーイング バル style」
○場所:東京都墨田区吾妻橋1-23-36 アネックスビル 1階
○営業時間:11:00~23:00(L.O.フード22:00、ドリンク22:30)
※10月~2月は11:00~22:00(L.O.21:30)
○定休日:年末年始、施設休業日
○席数:57席(テラス席あり)
○電話:03-5608-3831


LINE@

ライターの紹介

アイコン

おいしいものとお酒が大好き。ビール×餃子がいちばんの大好物。サイクリングやテニスで汗を流したあとに、おいしいものとお酒を思いっきり楽しむのが休日の定番。

新着記事

今週の人気ランキング