なな瀬が行く!会えるニンカシ Column なな瀬が行く! 『会えるニンカシ』
~愛とビールを注ぎ続ける女神たち~ 【カフェ カウダ】

2017/04/08

こんにちは! なな瀬です。こだわりのビールが飲めるお店の女性店長にスポットを当てた『会えるニンカシ』シリーズ。第5回目に訪れたのは、ベルギービール好きに愛される、白山のCafe Cauda(カフェ カウダ)です。ベルギービールに惚れ込み、並々ならぬ情熱を注ぎ続けるオーナーの植草玖実子さんにインタビューしてきました。

IMG_7546

 

実は、ビール党ではありませんでした


三田線白山駅から徒歩3分程のところにある小さな可愛らしいお店、Cafe Cauda。中に入ると、ベルギー愛に溢れたインテリアや、130種類以上も取り扱っているというベルギービールがびっしり詰まったショーケースに心躍ります。

IMG_7530

こんなお店を開いちゃう人は生粋のビール好き…かと思いきや、実は植草さんはもともとビール党ではありませんでした。一般的によく聞く、炭酸がキツくてたくさん飲めないという点で好んでたくさんは飲めなかったのだそうです。

IMG_7538

しかし、たまたまもらったギフトセットで「ヒューガルデン禁断の果実」に出逢ってからその美味しさに目覚め、即ベルギービールの虜になってしまったのです。「初めてヒューガルデンの禁断の果実を飲んだ時は衝撃でした。これがビールなのか!って(笑)。それからはもうどんどんハマっていきました。」と話す植草さん。それでは、どうやってお店を開くまでに至ったのでしょうか?

 

お茶を飲むようにビールを味わう


植草さん曰く「ベルギービールにハマってお店を開こうと決意してから、実際に開店するまでは半年くらいですかね」と、なんとも驚くべき行動力と決断力! どうしてそこまで躊躇なく行動できたんですか?と訊ねると、「昔から喫茶店によく通ってたんです。そこでナポリタンをつまみにお酒を飲むこともしばしばあって、ここにベルギービールがあったら最高なのになって思ってて。そして実際にベルギーに行ったんですが、そこには私が目指していたお店が街中に溢れていたんです」と、当時カフェでお茶を楽しむのと同じように、明るいうちからゆったりとビールを楽しむ文化を見て、自分の理想のお店は間違ってなかったのだと確信したのだそう。

IMG_7525

それにしても、飲食経験ゼロで始めたというのが信じられないほど、細部までお客さんのことが考えられた心地良い店内です。可愛らしい内装やインテリアはプロにアドバイスを受けたのかと思いきや、すべて植草さんのセンスでチョイスされたのだとか。「お店を開くときはなんだかアンテナが冴えていて、この子達に呼ばれたんですよね。出会ったときには、君はここにいたのかって感じでした」と、植草さんの不思議な力に、話を聞いているこちらまでわくわくしてしきます。

 

焦らずのんびり過ごせる場所


とにかく一から手作りで温もりを感じられる愛情たっぷりのお店ですが、ベルギービールの徹底した品質管理に関しても余念がありません。繊細なベルギービールの温度管理には、4℃、8℃、12℃の3つの冷蔵庫を使い分け、美味しさや香りを損ねてしまわないようにしています。また、ほぼ全てのビールに専用グラスを用意しており、各ベルギービールを味わう上でもっとも適したグラスの形状で提供されます。

IMG_7558

タップだと常時3~4種類が繋がっていて、瓶内醗酵で熟成させたベルギービールは、Cafe Caudaだから味わえる最高のコンディションで提供するなど、とにかくビールの美味しさへの追及が半端じゃないんです! またCafe Caudaでは、こだわりのベルギービールが飲めるのはもちろん、植草さんお手製のフードメニューとデザートも魅力の一つです。開店当時を思い返すと無謀だったと話す植草さんですが、ただ純粋に“好きだから”で始めたお店には、愛情と情熱がたくさん詰まっていました。お一人様が多いという白山のCafe Cauda。ふらっと立ち寄れば、きっと新しいビールとの出逢いが待っていますよ。

何となく真っ直ぐ帰りたくない夜や、午後から予定が空いてしまった日には、コーヒー代わりにビールで優雅な時間を過ごしてみてはいかがですか?

 

Cafe Cauda (カフェ カウダ)
〇営業時間:15:00~23:00
〇定休:日曜日、祝祭日、第2月曜日
〇住所:東京都文京区白山1丁目30−8 セイリオス白山 1F
〇TEL:03-6801-8791
◯公式HP:http://cafecauda.weebly.com/

ライターの紹介

アイコン
なな瀬 専属リポーター

『ビールがあるところに笑顔あり!』 北海道旭川市出身/ビアソムリエ/ビアジャーナリストアカデミー5期生/過去出演:マガジンハウス『Hanako』、JTBパブリッシング『mani mani 伊豆』/過去執筆:ワイン王国『ビール王国』、KKベストセラーズ『おとなの流儀』

関連記事

新着記事

今週の人気ランキング