^Beer & English Column 【Beer & English!】アメリカのバーでビールを頼むポイント5つ!

2014/10/01

ビール女子読者の皆さま初めまして!アメリカはカリフォルニア在住のYukiGです!日本は勿論、世界中でビール業界が盛り上がっていますが、アメリカも盛り上がってますよ~!私の方からはアメリカのビール情報やビール文化、そして旅行の時などに使えるビール英語をお伝えしていきます!
Are you ready to study Beer English? Let’s get started!

 

アメリカ旅行というと壮大な観光地や巨大なショッピングセンターもありますが、ビール女子の皆さんですからローカルのビールも欠かせないですよね?そこで今回は「アメリカのバーでのビールの頼み方」を紹介します!

 

1. ビールを決める


こちらのバーでは、右側のディスプレイにメニューが表示されています。ディスプレイやカウンター奥の黒板等がメニューになっているバーが多いです。
「気になるビールがあって、少しだけ試してみたい」という時は、試飲してみましょう。

SONY DSC

 


“Can I try (ビールの名前) a little bit?”


キャナイ・トライ・(ビールの名前)・ア・リトル・ビット?
(ビールの名前)を少し試してもいいですか?



 

バーテンダーが小さなグラスに1口分程のビールを持ってきてくれます。

 

気になるビールが多い場合、さすがに何種類も試飲させてもらえません。そういう時は、Flight (フライト) はどうでしょう?お店によって違いますが、150ml程のグラスに4~10種類のビールがついてきます。Flightをやっていないお店もありますので要確認です。

 

2. ビールを注文する


ビールが決まったら早速注文しましょう。

SONY DSC

 

バーカウンターの周りには、はっきりとした列はありません。何とか前に辿り着いてもカウンターの周りに人が多い場合は、バーテンダーの目をしっかり見つめる等して注意をひきましょう。

“Can I have (ビールの名前)?”
キャナイ・ハブ・(ビールの名前)?
(ビールの名前)を下さい

注文すると必ず年齢確認されます。バーの前にバウンサーがいる場合もあります。飲みに行く際はパスポートを忘れずに!

[caption id="attachment_10004" align="alignright" width="199"]シリコンバレー ビアバー 試飲用の一杯[/caption]

 

3. 支払う


クレジットカードで支払う場合、Open Tab (オープン・タブ) かClose Tab (クローズ・タブ) か聞かれます。

オープンにすると、カードをお店に預けて自分の注文を全てそのカードにつけてもらいます。帰り際には、会計して必ず自分のクレジットカードを受け取ってください。

クローズや現金にする場合は、各オーダー毎に支払います。

チップも忘れずに!目安は1杯につき$9814

ライターの紹介

アイコン
YukiG コラムニスト

アメリカ在住のビール女子。ビール好きなアメリカ人の相方と共に、美味しく面白いビールを探求する毎日。「仕事から帰ったらまずは一杯!」がハウスルール。 アメリカのビール情報を英語と日本語で紹介するブログも運営。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子