Release Brut IPAにリニューアル!サンクトガーレン『パイナップルエール』夏季限定発売

2019/04/25


サンクトガーレン有限会社から『湘南ゴールド』に続いてフルーツビールが登場! ゴールデンパインを使用した『パイナップルエール』が、2019年4月25日(木)から9月末までの夏季限定で発売されます。

ストレスを与えない手切りのゴールデンパインを使用


「パイナップルエール」に使用しているのは、デルモンテの管理農園で栽培され、横浜の工場で手切りされたゴールデンパイン。手切りの理由は、果実にストレスを与えないため。果汁も香りもロスなく、まるごと使用しています。

1回の仕込みで使用するゴールデンパインは約600kg。果実は、ビールが発酵する前の麦汁に投入し、果実と麦汁の糖分を一緒に発酵させることで、泡までほんのり甘いパイナップル風味を感じることができます。

発泡酒、だけどビール

「湘南ゴールド」と同じく、「パイナップルエール」も発泡酒です。
日本ではビールに果物を使用する場合、麦芽量の5%以内と決められています。「パイナップルエール」には麦芽量30%の果物を使用しているため、”発泡酒”の表記に。しかし、麦芽率は高いので税率はビールと同じです。

発泡酒、だけど果物も麦芽もふんだんに使用しているため、芳醇なフルーツの香りもビールの良さも贅沢に感じられます

Brut IPAにリニューアル

以前はベースのビアスタイルがアメリカンペールエールだった「パイナップルエール」ですが、今年はBrut IPA(ブリュットアイピーエー)にリニューアル!


強いホップフレーバーをもちながらも、ドライで苦味も軽やかなのが特徴です。以前からの麦芽のふくよかなコクを活かしたスタイルから、あえてそれを削ぎ落としたドライなスタイルへと変更したことで、パイナップルのジューシーさが一層際立つ味わいになりました。

パイナップルをさらに感じてもらえるようにとさらなる進化を遂げた「パイナップルエール」。この夏をともに乗り越えてくれる1本になりそうです!

『パイナップルエール』



【随時更新】発売日がひと目でわかる!新発売ビールカレンダー

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
山吹彩野 ライター

いつも無意識に鼻歌を口ずさむ鼻歌女子。音楽ライターとして「音小屋」に参加し音楽雑誌「MUSICA」元編集長の鹿野淳氏に師事。音小屋生たちと一緒に音楽メディア「MUSIUM」を主宰。子供のころの鼻歌に始まりピアノやリコーダー、トランペットにゴスペル、ウクレレなど、様々な楽器と友達。今はビールを飲みながら聞く音楽を日々考えるのが趣味。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ