Interview 美味しいものが好きな人に和の馨るエールを届ける。
-日本クラフトビール株式会社(馨和 KAGUA)八反 雅代さん-

2013/12/18

女性にとってビールを"もっと身近に感じてもらう”をテーマに、ビールに関わる女性、とにかくビールが大好きな女性にお話を伺う「ビール女子インタビュー」を始めました。

第1回目は、和の馨るエール「馨和 KAGUA」を販売する日本クラフトビール株式会社に勤務されている、八反雅代さんにお話を伺いました。

美味しいものが好きな人に和の馨るエールを届ける。 -日本クラフトビール株式会社(馨和 KAGUA) 八反 雅代さん-

2012年3月に発売され、瞬く間にその名を知られるようになった「馨和 KAGUA」。
「和の食卓に映えるビールを世界中の人に楽しんでもらいたい」という想いを出発点に、日本国内のみならず香港、シンガポールと販路を広げ、2013年11月からはタイでの販売も開始しました。
2013年12月からは、ANAの国際線ファーストクラスでも提供され、日本を代表するブランドの一つとして今後さらなる拡大が期待されます。

——普段のお仕事内容を教えていただけますか。

八反 ブランド・コミュニケーション担当として、プレスリリースを出したり取材対応をしています。ホームページの更新などもしますし、オンライン販売の窓口や、百貨店での試飲販売もやりますね。飲食店への営業以外はほとんどなんでもやっているような感じです(笑)
実は女性の社員はもう1名いて、彼女は飲食店の営業を担当しています。

 

——もともとビールがお好きだったんですか?

八反 もともとワイン派ですね。普段からお酒を飲む機会は多いですが、この仕事になってビールを飲むことが増えました。まあ、美味しいものはなんでも好きです(笑)食べることがすごく好きで、以前は飲食関係の仕事もしていました。

ビール女子インタビュー vol.1 -日本クラフトビール株式会社 八反 雅代さん-

——周りにも、ビールやお酒が好きな女性が多いですか?

八反 そうですね。美味しいものが好きな方が多いので、お酒もみなさんお好きですね。そういった方に「馨和 KAGUA」をご紹介すると、おかげさまで大変気に入っていただけます。昔はビール=男の人が飲むものというようなイメージが強かったかもしれませんが、今は女性でも「ビールが好き!」と言う方も多く、男女や年齢関係なく楽しまれていますよね。

 

——八反さんご自身もたくさん飲まれますか?

八反 はい(笑)。休肝日は週に2日くらいとるように心掛けています。

 

——八反さんイチオシの「馨和 KAGUA」の飲み方を教えてください。

八反 できるだけ大ぶりのワイングラスで飲んでください。グラスの形や大きさでも全然かぐわしさが違うので、ぜひ大きなグラスで香りを楽しんでいただきたいです。

[caption id="attachment_2644" align="alignright" width="300"] 【日本クラフトビール】「馨和 KAGUA」6本セット 馨和 KAGUAの6本セット[/caption]

また、「馨和 KAGUA」は"食事と一緒に楽しむ"をコンセプトにしているのでビール単体ではなく、ぜひお好きなお食事と合わせて飲んでいただきたいですね。私のおすすめは焼き鳥です。「馨和 KAGUA」は鶏にすごくよく合うと思います。塩の時は白(Blanc)、たれの時は赤(Rouge)といった楽しみ方もできます。焼き鳥屋さんに行ったときに、「日本酒や焼酎、ワイン、どれも今日はちょっと気分じゃないな・・・」という時ありませんか?そんな時に「馨和 KAGUA」はまさにぴったりだと思います。ぜひご利用いただきたいですね。

これからの時期だとお鍋にもよく合います。ホームパーティーにお呼ばれした時の、おもたせなどギフトにも最適です。ギフトボックスも作りましたので、これからクリスマス、お年賀、それからバレンタインと贈り物の時期に、ぜひオンラインストアなどで購入していただきたいです。

 

——たしかに、ANAのファーストクラスで提供されていたりと、パーティーなどに持って行ったら話題にもなりますね。

八反 そうですね、そういったところから興味を持っていただいて、飲んでみたいと思っていただけるとすごく嬉しいです。

ビール女子インタビュー vol.1 -日本クラフトビール株式会社 八反 雅代さん-

——クラフトビールの流れは来ていると感じますか?

八反 はい。現にこうして取材に来ていただいたりとか(笑)。ファーストクラスでの採用も、クラフトビールが選ばれるということ自体が、業界全体として流れが来ているのかなと感じています。ビール業界のある知人に聞いた話なんですが、女性がお店でビールの写真を撮ったりしているそうなんですね。こんなことは、かつてなかったとおっしゃっていました。

 

——今後流れに乗って、種類を増やしていったりということは検討されているんですか?

八反 今は、基幹ブランドとして赤(Rouge)、白(Blanc)を販売していますが、今後新しいもの、別の世界を楽しめるものも検討してければと考えています。

あんまり種類があると何を飲んでいいかわからない方もいるかと思いますが、「馨和 KAGUA」は赤白2種類なので、どっちかを選べばいい。

食事に合わせてというのはそもそものコンセプトですので。

ワインが赤白あって料理に合わせて赤白どっちかをイメージしながら選べるように、飲む方にはお食事に合わせて2種類から選んでいただけると、より楽しんでいただけるかと思いますね。

[caption id="attachment_2641" align="aligncenter" width="500"]「馨和 KAGUA」のオリジナルスマホケース 八反さんの「馨和 KAGUA」オリジナルスマホケース(非売品)[/caption]

 

「馨和 KAGUA」オンラインストア

「馨和 KAGUA」が飲めるお店

ライターの紹介

アイコン

ビール女子の編集部アカウント。イベントやリリース情報をご紹介していきます。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子