Event 今年も行ってきた! 熱いビール×音楽のお祭り『 CRAFTROCK FESTIVAL’15 』

2015/06/04

こんにちは! ビール女子リポーターのなな瀬です! 昨年の夏にも開催され、最高にロハスでロックに楽しませてくれた『 CRAFTROCK FESTIVAL 』が今年も開催されたので、期待とともに取材に行ってきました! 今回はカンカン照りの太陽の下、熱い LIVE が繰り広げられていました~!

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

12 時を回り、熱い LIVE がスタート!!


クラフトビールの Web マガジン「TRANSPORTER (トランスポーター)」の編集長を務める白石さんの MC を皮切りに、お待ちかねの LIVE が始まりました!

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

トップに登場したのは、「 FUJI ROCK FESTIVAL'13 」にも出演した「 QUATTRO 」の 5 人組み! 高音の歌声が心地良い~! ついつい聞き入るリズムに体が揺れます。

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

私が気になったのは、女性ボーカリストの「 iri 」さん。落ち着いた可愛いらしい声で、優しい音楽です。歌詞がストレートで、女の子に響く歌でした。

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

こちらは熱いロックを魅せてくれた「 CARNIVAL 」! 吉祥寺をメインに活動するバンドです。ボーカルの好本 拓洋さんから「みんな、いい? ビールは水分じゃないからね~!」と、心配されるほど熱い LIVE でした(笑)。

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

そして、ドーーーン!! 早くも登場しました、浅野 忠信さん率いる「 SODA 」の出番です! 登場したそばから超ハイテンション! 思わずオーディエンスも笑い出してしまうほど。

クラフトロックフェス 晴海埠頭 SODA 浅野忠信

めちゃめちゃロックでカッコイイ!! そして浅野さんのトークがとにかく面白い。この日は真夏日で、気温は 30℃ 近くあるなか、黒い冬服で(笑)全力で盛り上げてくれました!

クラフトロックフェス 晴海埠頭 SODA 浅野忠信

クラフトロックフェス 晴海埠頭 SODA 浅野忠信

 

ロックフェスだけどファミリーでも楽しめる


クラフトロックフェスは、ビールとロックミュージックのイベントですが、実はとっても穏やかでロハスなイベントでもあります。会場にはちびっこもいたりして、のんびり楽しめるイベントです。 フェスは、なんだかイケイケな感じで参加しずらいな~ と思っている方は、一度こちらのイベントを体験してみてはいかがでしょうか。

クラフトロックフェス 晴海埠頭 ファミリー

 

スパイシーなフードにビールがすすむ♪


フードには、こんな変わったものが。ソーセージの代わりに、パリパリの春巻きが入った「クラッシュドッグ」。選んだのは、サルサ味にとろ~りチーズがかかった種類で、止まらない味です♪ お供にしたのは、サンクトガーレンの「 YOKOHAMA XPA (ヨコハマエックスピーエー)」! 香ばしい春巻きに、ビールの苦味が相性抜群!

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

気になったのは、見慣れないこのカップ。サンクトガーレンの岩本社長に聞いたところ、こんな風に重ねて、たくさんのビールを一度に運べるんだそうです。 ナイスアイデア!

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

そして、今回も出店していた女子にモテモテの「 BLUE MOON (ブルームーン)」。こちらは、バッファローチキンがのったランチ BOX と一緒に楽しみました。甘辛いバッファローチキンに、オレンジの甘味と酸味が良い~!

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

その他にも、去年も出店してした 「COEDO (コエド)」や、「 LEFT HAND (レフトハンド)」も。また、「 CRAFT BEER MARKET (クラフトビアマーケット)」からは、女子が喜ぶフルーツビールがたくさん出ていました!

クラフトロックフェス 晴海埠頭 ブルワリー

 

ビール女子も楽しいビールフェス


イベントレポート恒例の、会場で見つけた “ビール女子” ちゃん♡ 今回は、こんな仲良しさんを発見しました! 楽しそう!!

クラフトロックフェス 晴海埠頭 トランスポーター ブルームーン サンクトガーレン

夜まで続いたこのイベントは、最後のアーティスト「 bluebeard 」の登場で、最高潮に盛り上がったようですよ。今年も、気持ち良い~ユルさと、時には激しいクラフトロックフェスを楽しむことができました! 気になった方は、来年を楽しみにしてくださいね♪

LINE@

ライターの紹介

アイコン
なな瀬 専属リポーター

『ビールがあるところに笑顔あり!』 北海道旭川市出身/ビアソムリエ/ビアジャーナリストアカデミー5期生/過去出演:マガジンハウス『Hanako』、JTBパブリッシング『mani mani 伊豆』/過去執筆:ワイン王国『ビール王国』、KKベストセラーズ『おとなの流儀』

新着記事

今週の人気ランキング