Release 【4/11発売】"星に一番近い場所" に舞いおりたビール『星の空』って?

2018/04/10

富山県の代表的観光地である「立山黒部アルペンルート」を運営する立山黒部貫光株式会社から、『星の空』2018バージョンが、2018年4月10日(火)に発売されます。"星に一番近い場所" で生まれたビールって一体?



全国名水百選の湧水による唯一無二の味わい

立山地ビール『星の空』は、立山の主峰である雄山直下からの湧水で仕込まれたクラフトビールです。

このビールに使われている水は、立山玉殿の湧水で、全国名水百選にも選ばれている軟水です。そのまま飲料水として飲んでも美味しいのですが、コーヒーや水割りにも相性抜群のもの。

また、「立山玉殿の湧水」は日本一高い場所で採水される湧水でもあり、"星に一番近い水" としても「星の空」にぴったりです。



そんな湧水をふんだんに使用した、地元の自然の恵みがたっぷりと活かされた『星の空』は、「オリジナルビール」と香ばしい苦みが癖になる「黒ビール」の二種類。オリジナルビールには国産米が使われ、フルーティーでまろやかな味わいが特長のビールです。



「星に一番近いリゾート地」で生まれたビール

「星に一番近いリゾート地」として標高2450mに立地するホテル立山では、「星空観察会」としてスタッフの案内により天の川や流れ星を楽しむことができます。『星の空』という名前は、そんな立山黒部アルペンルートで見ることのできる満天の星空から命名されています。



実はリニューアルによるパッケージデザインは今回が5代目。立山連峰に浮かぶ星空が、より全面に打ち出されたスタイリッシュなデザインに生まれ変わりました。思わず写真におさめたくなる可愛さです。



自分へのお土産にはもちろん、人への贈り物にもぴったりなビール。満天の星空に思いを馳せながら飲んでみたり、実際の満天の星空の下で楽しみたい1本です。現地に足を運ばなくても、商品はこちらから購入できます。


立山地ビール「星の空」

〇種類:オリジナルビール、黒ビール

〇発売日:2018年4月10日(火)
〇アルコール分:4.5%

〇価格:400円

〇内容量:330ml缶

〇原材料:国産米(オリジナルビールのみ)、ホップ、麦芽

〇販売場所:立山黒部アルペンルート(立山湖〜黒部湖)内の各売店、通販サイト「売店ひろば」

〇通販サイト「売店ひろば」:http://www.alpen-route.jp/

〇商品一覧:http://ariyorikun.fu.shopserve.jp/SHOP/list.php?Search=%E6%98%9F%E3%81%AE%E7%A9%BA


最新の新発売ビール一覧

海の向こうのビアレシピ サントリービール 新発売

\あなたのこの夏、最高の一杯は?/

ビール女子アワード

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン

旅行とビールが大好きなデザイナー。四季折々に合わせたビールの楽しみ方を考えること、旅行先のビアバーで美味しいビールを飲むのが好きです。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ