Release Amazon限定ビール「月面画報」のナゾに迫る?発売記者会見に潜入!

2014/12/02

冬を思わせる雨の日、発売前から話題のビール「月面画報」のアツ~い記者会見が行われると聞き、ビール女子編集部が取材してきました!

会場は赤坂の「よなよなビアキッチン」。「よなよなエール」で知られる、株式会社ヤッホーブルーイング(以下、ヤッホー)が、“まだ誰も飲んだことのない”ビールを開発。それを総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)のお酒ストア限定で発売するとあって、会場には通販業界やテレビ取材などの幅広いメディアが集結。やっぱり注目度高いんですね。

 

月面画報ビール画像

 

「私たちって場違い?」とそわそわし始めた時、ヤッホーの代表取締役社長、井手さんが登場!会場が息を呑んだのは、その出で立ち。「月面画報」の缶デザインで異彩を放つ、あの謎のキャラクターそのもの(笑)。続いて、ダンディな、Amazonの消費財事業本部 バイスプレジデントの前田さんが登場。会見では、ナゾに包まれた「月面画報」の詳細が明らかにされました。

 

ヤッホーブルーイング Amazon

 

みんなもきっと気になる!「月面画報・3つのナゾ」をまとめちゃいました~!

ナゾ1:「月面画報」というネーミングはどうして?

日常から離れた「別世界」で本を読んでいるような不思議な商品名。夜に現れる「もう一人の自分」の、ミステリアスなひと時をイメージしているとか。

ナゾ2:斜めレイアウトなデザインの理由は?

最初は「Amazonで斜めに並んでたら目を引くね!」という、気軽な発想から生まれたそう。あの謎めいたキャラクターは、ブランドのコアターゲットである「40代のこだわりソロ活動男“自分の世界観を大切にしている40代男性”」向けに考案されたとのこと。

▼こちらはソロ活男子のイメージです(笑)。

ヤッホー井出社長

 

ナゾ3:「ベルジャンペールエール」ってどんな味?

ベルジャン酵母を使って仕込みをすることで、独特のフルーティなバナナのような香りが加わるとのこと。アメリカンホップ特有の柑橘系と、フルーツのフレーバーが感じられて、苦味は軽く、最後にふわっとした甘味。余韻を楽しむ“オトナ”のビール。

香りのあるクラフトビールは好きだけど、苦いのニガテ!って女子にもおススメです。

 

ミステリアスで、スムーズな味わいの「月面画報」は、“ソロ活動男子”だけでなく、独りの時間も大切にしたいビール女子にももちろんおススメ!私なら、満月の夜にAmazonで購入した話題のミステリーを肴に、ワイングラスで味わいたいなぁ。

2014年12月2日(火)からAmazonお酒ストア限定で発売中です。気になる方はチェックしてみてくださいね。

【関連記事】
Amazon×よなよなコラボの『月面画報』発売!!

ライターの紹介

アイコン
みつき/Yukiko Mitsuki エディター・ライター

石川酒造株式会社、銀河高原ビールにおいて営業職として勤務、メールマガジン、WEBショップサイト立ち上げを実施。その後大手通信会社にてメールマガジンやWebマガジンのディレクター・コピーライターの仕事を経て、現在はフリーランスで、飲食店で“本物をゆるーく楽しむ”イベントを企画する「ゆこらぼ」を主宰。大好きなビールを多くの人に好きになってもらいたいと、面白そうなことを日々酒場で企み中。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子