「ビール女子」読者の皆さん、こんにちは!絵になる食卓をつくるウェブマガジン  TABLE MANIA 編集長のゆきこです。

冷たい北風が吹く寒い日々が続いていますね。

こんな時はおうちでぬくぬくあったまりたいもの。

いつもの家飲みをちょっとひと工夫して、おこもりを盛り上げる特別な過ごし方をしてみませんか。

今日は真冬にぴったりの、おうち居酒屋を楽しむポイント5つをご紹介します!

 

1.おしぼりとおしながきでお店やさんごっこ

おうち居酒屋を楽しむポイントは、なりきって楽しむこと!

「まるでお店やさん」な気分を盛り上げるグッズは欠かせません。

濡らしたハンドタオルをレンジで30~50秒ほどあたためて、ほかほかのおしぼりを用意したり、手書きのおしながきを用意してみたり。

「いらっしゃいませ~」なんて一言をつけてテーブルの上に広げたら、気分はすっかり女将です。

 

2.豆皿でちょい飲みセットを

おうち居酒屋のいいところは、凝った料理を作らなくていいこと。

なんなら買ってきたものや、冷蔵庫の残りものを出すだけでもよし。

お酒に合いそうなものならなんでも乗せて、ちょい飲みセットの出来上がりです。

今日は砂肝ポン酢に、ポテサラ、明太子巻きを用意しました。

レシピは下記のビール女子レシピを参考に。

・ 砂肝のゆずポン酢づけ

・ 明太子のエゴマ巻き

 

豆皿やココット、小さな平皿など、おうちにあるミニサイズの食器を大集合して、少しずつ盛り付けるのがポイント。

いろんなつまみをちょっとずつが、「居酒屋らしさ」を演出してくれます。

途中であれも食べたいこれも食べたいなんて、おつまみを足したり追加で作ったりして、キッチンドランカーするのも楽しいかも。

ちょこ盛りで色んな味をお試しあれ。

 

3.真冬にポカポカメニューは外せません

真冬のおうち居酒屋に欠かせないのは、体の芯からあったまるホカホカメニュー。

湯気立つお椀に幸せを感じちゃう、しめの一杯にもなる肉吸いなんてぴったりですね。

レシピはこちらをご覧ください。

・ 大阪ソウルフード”肉吸い”

 

冬の味覚だって楽しみたいところ。

今が旬の寒ブリでブリ大根もいいですね。

あっためてもよし、冷えても美味しい煮物はひとつあると便利。

ゆっくり過ごすおうち居酒屋には欠かせません。

 

4.気軽にたのしめる、おちゃめな缶ビールを飲み比べ

せっかくおうち居酒屋をするなら、いつものビールとは気分を変えて、新しい味にチャレンジしてみませんか。

リラックスしたいから、肩ひじはらないものがいい。

気取らずユーモラス、でも味は本格派で個性もしっかりある。

かわいいパッケージと、不思議なネーミングが目を引くこんなビールたちがお似合いかも。

おつまみとのペアリングを楽しんだり、名前の由来をひもといて思わず盛り上がるかも!?

 

よなよなエール

柑橘類を感じる華やかな香りと、甘さとコク、苦味のバランスが絶妙なペールエール「よなよなエール」。

きらめく琥珀色が美しいので、グラスに注いで目でも楽しみたいビールです。

 

水曜日のネコ

ほのかなハーブ感とフルーティーなやさしいアロマで、すっきり軽やかなベルジャンホワイト「水曜日のネコ」。

苦味が少なくあっさり飲みやすいビールです。女性にもオススメ。

 

インドの青鬼

苦味にパンチが効いた個性派ビール「インドの青鬼」。ホップの苦味と深いコク、モルトの風味をしっかり感じることができるIPAです。辛口派のあなたに。

 

5.リラックスムードを作るには、灯りにも一工夫

おうち居酒屋をより一層楽しむには、灯りにも一工夫を。

小さめのキャンドルをテーブルの上に広げれば、いつもの食卓もより一層リラックスしたムードになるかも。

夕暮れ時から飲み始めて暗くなるにしたがってキャンドルを灯し始める、なんていうのもいいかもしれません。

 

外に出たくない寒い日は、お部屋でぬくぬくおうち居酒屋

お外で食べるのもいいけれど、暖かいお部屋でぬくぬくゆっくりできるおうち居酒屋は、この季節にはたまらない至福のひととき!

真冬のおうちデートや、夫婦や家族での週末の楽しみに。

いつもの家飲みをグッズや一手間で格上げして、おうち居酒屋ぜひ試してみてくださいね。

 

 

TABLE MANIAでは、さまざまな”絵になる食卓”をご紹介しています。

ホームパーティーにオススメのアイテムや、テーブルコーディネート、あると便利あると素敵なテーブルウェアなどご紹介しています。
詳しくはこちら→絵になる食卓をつくるウェブマガジンTABLE MANIA

編集長ゆきこのブログはこちら→BLOG「CHEERS × CHEERS」

▼『ビールではじめる絵になる食卓』連載一覧

P101957911