Season's Letter

2016 autumn
「秋色めぐり」

Letter to Beer Girls

季節に合わせてビールの楽しみ方を提案する「Season’s Letter」へようこそ。

真っ赤に燃える紅葉、秋刀魚の焼く匂い、夜空に昇るお月様、秋は私たちの世界を色鮮やかに彩ります。ビール女子ではこの秋、「秋色めぐり」をテーマに、ビールを嗜みながら楽しみたい5つの「秋色」をご紹介。秋色とビールの世界を心ゆくまでどうぞお楽しみください。

ビール女子編集部

2016 autumn

秋色めぐり

COLUMN

ビール片手に秋の“おとな塗り絵”を楽しもう!

ゴールドからオレンジ、そして…。焚き火カフェで楽しむビールの時間

美印象コンサルタントに聞く秋色と秋のファッションの楽しみ方

EVENT

『秋色めぐり』リアルイベント きのこ狩りと紅葉ビアフェスに行こう!

BEER

まったり飲みたい「秋色」ビール

編集部メンバーが「色」をテーマに秋に飲みたいビールをご紹介。個性あふれる秋の味わいをまったり堪能してみませんか?

グランドキリン 十六夜の月

グランドキリン 十六夜の月(キリンビール) グランドキリン 十六夜の月(キリンビール) 【深黄色】秋の夜空に登る十六夜の月を眺めながらじっくりまったりと味わいたい一本。個性的な苦味の中に控えめな甘味が感じられ、上品な味わいを感じられます。黄金にきらめく様はまるで夜空に輝く月のよう。

パンカチーノ コーヒーパンプキンエール

パンカチーノ コーヒーパンプキンエール(エリシアン) 【栗皮色】 名前の通り、秋の味覚かぼちゃとアメリカの人気コーヒーメーカー「スタンプタウン」のショットを加えた深い味わいのエールです。光を通すと赤みがかって見える暗い茶色で、秋の夜長に時間をかけて飲みたい季節限定のビールです。(画像引用元:https://www.elysianbrewing.com/

宮島ビール ペールエール

宮島ビール ペールエール 【緋色】 厳島神社を有する安芸の宮島。季節ごとに魅力を見せるその地が、最も華やかな緋色に色づくのが「秋」。そんな景色を思わせるような、紅葉や鹿が配されたデザインに、赤みのあるイングリッシュ・ペールエールです。 さらに詳しくはビール図鑑へ。(画像引用元:https://www.miyajima-beer.com/

ナインテイルドフォックス

ナインテイルドフォックス(那須高原ビール) 【琥珀色(アンバー)】 毎年9月にリリースされるヴィンテージビール。透き通った琥珀色と甘い香りにさそわれ、秋に味わいたくなるビールです。熟成させるとさらに深みが出るので数年寝かせる楽しみ方もあります。那須高原ビールの直営店では樽生でも飲めるので、秋の紅葉を楽しみながらのビール旅なんていかがでしょう。(画像参照元:https://www.nasukohgenbeer.co.jp/index.html

よなよなエール

よなよなエール(ヤッホーブルーイング) 【オレンジがかった茶色】 月と花札をモチーフにしたデザインは月のある夜に飲みたくなるビール。月の黄色が目立つ缶から注がれるのは、濃いめのオレンジがかったペールエールです。お月見をしながら月の光に透かして飲みたいビールは、ゆったりとした秋の夜にぴったりです♪ さらに詳しくはビール図鑑へ。

MUSIC

『Far far』Yael Naim

夜に考え事をするのはよくないと聞いたことがある。普段は考えないような想いが頭を巡り、不安な想いにとらわれてしまうからだと。日が短くなるということは、夜が長くなること。必然的に、もの思いにふけることも多くなる。誰にも想いを打ち明けられないそんな夜には、Yael Naimの“Far far”を聴きながら、何かを考えてしまう頭から少しでも「想い」を遠くにと願い、ゆらゆらと傾けていたビールと一緒に飲みこむのだ。

『Liberty&Gravity』くるり

ビールを飲んで泥酔する人は、世界がこんな…つまり変な風に見えているのかもしれない。インドのシタールや、トルコのサズという楽器を使用したサイケデリックな音楽とMVは、中毒性を感じさせるという意味でビールと共通点があります。2014年に発売され、各音楽媒体で軒並み年間ベストに選出されたアルバム『THE PIER』に収録されている一曲。PIERとは「桟橋」という意味があり、この桟橋からもっと世界へ飛び出そうという意味も込められていて、秋旅のお供にもぴったり。

『また逢いましょう』赤い靴

作曲家でピアノを担当する東川亜希子と、ドラマー神谷洵平のユニット。別れを経験し整理している途中だけど、楽しかったことや悲しかったこと、自分に起きた事実を全て抱えて進んで行きたいという最上級切なソング。赤く色づいた木の葉がはらはらと落ちてくる様子を、切なげで情緒的なピアノで表しているよう。バンジョーやウッドベースも土や自然の香りを感じさせ、温かみを感じるドラムは、空いた心の隙間を埋めてくれる。物思いにふけりたい秋の夕暮れ時、ビールのお供に。もしかしたら、辛い現実も幻想かのように、日常がキラキラと輝いて見えるかもしれない。

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子