Recipe

モロッコいんげんのアンチョビガーリック

2013/09/22

ビール女子Kitchen、久しぶりの更新です。


今日は最近、家庭菜園でも人気の、モロッコいんげんを使ったレシピのご紹介です。夏が旬のモロッコいんげん、もう時期もおわりに近付いているところでしょうか。下処理も簡単でとっても美味しいいんげんなのですが、難点はただ一つ・・・採れ始まると大量に採れてしまうことだったりします。(笑)


夏野菜の畑もそろそろ片づけだす時期ですし、採れ過ぎて困ったよーという方、たくさんもらってしまった方、モロッコいんげんがモリモリ食べれて、そしてビールが進む、おつまみレシピです。しかも、モロッコいんげんは出来すぎるとマメマメしてしまうもの。そんなデキスギくんでも美味しくいただけるレシピです。


それなら夏にアップしろー!!と怒られそうですが、なかなかモロッコが手に入らない方も探し出して作ってみてもらいたいですね(笑)。


ちなみに、こちらも夏野菜ですが、枝豆で代用しても美味しくいただけます。枝豆なら、冷凍もあるし、時期を問わず楽しめますね!!その際、味の加減は少し濃いめにするとよいですよ。

材料

・モロッコいんげん   20本
・にんにく       2かけ
・アンチョビ      3本
・塩コショウ      適量

・鷹の爪の輪切り    適量

・オリーブオイル    大さじ1

作り方

Step1

モロッコいんげんは沸騰したお湯に塩をひとつまみ(材料外)入れて1~2分固ゆでにする。ゆだったら冷水にさらしてざるに上げて水気をきっておく。

Step2

ゆだったモロッコいんげんを一口大に斜め切り(1本を3等分くらい)にし、にんにくはひとかけを輪切りに、ひとかけをみじんにする。アンチョビは細かくみじんに切る。

Step3

フライパンにオリーブオイルをしき、輪切りのにんにく、鷹の爪を炒めて香りを出す。

Step4

そこへアンチョビ、みじんのにんにくを入れ、最後にモロッコいんげんを入れて炒める。

Step5

なじんだら、塩コショウを適量振って炒めてお皿に盛る。

Point

※アンチョビの塩分があるので、最後の塩は味を見て足りない分を少し塩で整える程度でOKです。
※炒め過ぎは彩も良くなくなるし、かなり辛くなるのでさっと炒めるのがポイント。下ゆでしてあるので味がなじめば大丈夫です。
※モロッコいんげんをゆでる時はすじがないのでへたなどはとらないで、ゆでてからはじをそろえて何本かずつ切り落とすと楽チンです。

ひとことコメント

今夜のおつまみとともにいただいたのがコチラのビール!!
〇馨和-Rouge(日本クラフトビール株式会社)
アルコール度数:9%  容量:330ml瓶  生産地:ベルギー
https://www.nipponcraftbeer.com/kagua/rouge/ja

赤みを帯びた銅色のビールは山椒がピリッと利いてモルトの甘みやホップの苦味がしっかりと感じる、複雑な味わい。日本クラフトビールさん(Hp)によると、お寿司や天ぷら、すきやき、焼き鳥などの和食とのペアリングが推奨されています。私も以前、出汁系のお料理と楽しませていただいて、とても美味しくいただいたことがありましたが、最近、お料理でアンチョビ+山椒という組み合わせにハマっている私。今夜はアンチョビを使ったおつまみ+山椒の入ったビールという組み合わせでお晩酌・・・。オリーブオイルに溶けたアンチョビの旨みがビールの山椒のピリッとしたアロマとマッチして、それがなかなかにいけるのでした。ぜひお試しくださいね♪

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
yucco/ 瀬尾 裕樹子 アドバイザー

某ブルワリーでの勤務経験をきっかけにビール女子を創刊。ビールの多様性を楽しむビール文化を日本に根付かせるため日々奮闘中。

この料理に合うビールは
IPA

yucco/ 瀬尾 裕樹子のレシピ

もっと見る

IPAのレシピ

おうち女子会のレシピ

今週の人気レシピ