日本橋で「ソロビール」というと、女子ひとりが行くには敷居の高いイメージがありますよね。今回ご紹介する『 日本橋案内所 』は、その名のとおり観光客向けのインフォメーションセンターがメインのお店。「ここでソロ飲み?」と驚くなかれ。併設の『 IPPIN CAFE 』は日本を代表する「コエドビール」樽生 3 種類が、日本橋の老舗店のおつまみと合わせてちょい飲みできる、粋なスポットなのです。

画像:日本橋案内所「IPPIN CAFE」

 

「コレド室町」といえば、2010 年に日本橋三越向かいに出現した、日本橋の歴史が宿る老舗店舗から、人気店の新業態など新しさを取り入れた店舗までが揃う商業施設。コレド室町 1 の地下 1 階にある『 日本橋案内所 』では、日本橋周辺の老舗メーカーやレストラン、観光情報などをコンシェルジュが無料で案内してくれます。

 

なんといっても注目は、ビールが飲めるカフェが併設されていること! コエドビール樽生が 3 種類すべて 700 円(税別)でいただけます。

「白 -Shiro- 」フルーティで無濾過のコクもある小麦ビール。
「伽羅 -kyara- 」 6 種の麦芽を使い飲みごたえのある、インディア・ペール・ラガー: IPL  。
「紅赤 -Beniaka- 」焼き芋加工した「紅赤」を使った芳醇なエール。

 

おつまみセットは、好きなビールに老舗のアテがついて 900 円(税別)。朱色のカウンターで着物姿の店員さんに接客されて飲むビールは、気分がアガります!

「八木長本店 かつおぶしせんべい」 270 余年の歴史を持つ、乾物屋さんの看板商品。濃厚です。
「にんべん いかのぽっぽ焼き」北海道産のイカをにんべんのつゆの素で仕上げた、柔らかく上品な味。
「日本橋 古樹軒 緑色ザーサイ」新鮮なザーサイを浅漬け風に漬け込んだ、クセになる名品。

画像:日本橋案内所「IPPIN CAFE」

コエドビール「白」には、270 年の老舗「八木長本店 かつおぶしせんべい」を合わせて。

 

画像:日本橋案内所「IPPIN CAFE」

「コエドビール「紅赤」には、「日本橋 古樹軒 緑色ザーサイ」。軽い塩味がクセになります。

 

おしるこなどの和スイーツも充実。日本橋のコンシェルジュでもある店員さんに「この榮太樓のお菓子、どこで買えるの?」と本店の場所を教えてもらったり、おすすめの観光スポットも聞けちゃいます。コレド室町 2 にはシネコン TOHO シネマズ日本橋もあるので、映画が始まる前にサクっと 1 杯、なんて使い方もできます。カウンターには充電用コンセントも装備されていますので、急なお仕事モードに入っても安心ですね。

東京メトロ三越前駅の改札を出てすぐの好立地なので、待ち合わせ場所としても便利。これから日本橋案内所の常連になって、東京に住んでいても意外と知らない、「日本橋」の街を少しずつ開拓していこうかな~♪

 

【 今日の「ソロビール」なお店 ~5杯め~ 】

『 日本橋案内所 』

〇住  所 : 〒 103 – 0022 東京都中央区日本橋室町 2 – 2 – 1 コレド室町 1 地下 1 階
〇電話番号 : 03 – 3242 – 0010
〇営業時間 : 10:00 ~ 21:00
〇定  休 日 : 定休日:年中無休 ※コレド室町 1 に準ずる
〇U  R    L : 日本語) http://www.nihonbashi-tokyo.jp/information_center/
        英 語) https://www.facebook.com/nihonbashi.information

『 日本橋案内所 』詳細情報へ(ビール女子店舗情報)

 

★ビアライターみつきの「今日もどこかでソロビール」もくじ
1 杯め~パンとビール「365日(代々木公園)」~
2 杯め~ビールが飲める!「森の図書室」~
3 杯め~古民家カフェでふにゃ~ん「古民家カフェ蓮月」〜
4 杯め~天空の森で昼ビール♪「樹ガーデン・鎌倉」~