こんにちは。ソロ飲みジプシーみつきです。年々時が経つのが早く感じるのよねーなんて言ってる、飲み会や仕事で笑っちゃうくらい忙しいビール女子の皆さんを、今日は少しだけ日常から離れて、濃密な時間が過ごせる場所にお連れしましょう。

mori01

「やま」と言っても「かわ」と返ってきませんのであしからず(笑)。

渋谷の道玄坂を登りきった雑居ビルの 6 階に『 森の図書室 』はあります。合言葉でも言おうかと躊躇する、インターホンがあるだけの入口をクリアすると、1 万冊の蔵書が並ぶ本棚とバーカウンターの空間へ誘われます。

mori06

席はお気に入りの本の並んでいるあたりに陣取るもよし、バーカウンターでお店の人と話しながら飲むもよし、その時の気分で。昨年 2014 年のオープン時にクラウドファンディングにより集められた蔵書は、幅広いジャンルからセレクトされているので、本棚からその時の気分にあった一冊が見つかります。名作にちなんだフードやカクテル、ワイン、ソフトドリンクも充実。私は、生ビール(アサヒスーパードライ)を注文しました。

mori05

本棚を見ると、ミヒャエル・エンデの名作「モモ」が目に付きます。子供の頃はあまリピンと来なくて、大人になってからもう一度読むとしんみり深くて、何度も読みたくなる大好きな物語です。私にとっての『時間』について考えを巡らせながら、ビールをぐびり。

子供の頃から本の世界にはまっていたというオーナーの森さんは、遅くまでお酒と本が楽しめる場所を作りたい想いで『 森の図書室 』をオープンしたそうです。普通の図書室は閉まるのが早かったり、静かにしていないとといけないけど、ここではお酒だけを楽しみに来てもいいし、盛り上がってもOK。普段本を読まない人でもまた読書するきっかけになればと、あえてマニアックすぎない本のラインアップにしているとのこと。

mori07

森さんのおススメ本の一つ「ぼくのメジャースプーン」(辻村深月)を読んでみました。

ちなみにコースターは 7 種類あって、それぞれに森さんの感想文が書いてあるんです。もちろんその本は本棚にあって読むことができます。どのコースターになるかはお楽しみ♪ 女性店員さんにも、キュンキュンする本をおススメしてもらいましたよ~。日頃読まないようなジャンルに気軽にチャレンジできるのも、図書室ならではの魅力ですよね。

mori09

時間制限はないので、ソロびーしながら本の世界にど~っぷり浸かれます。深夜までやっているので時間を忘れそう。「モモ」にひょっこり出会えそうな、子供の頃のたっぷりとした「時間」を取り戻せる、私だけの秘密基地です♪

 

【 今日の「ソロび~る」なお店 ~2杯め~ 】

『 森の図書室 』

〇住  所 : 〒150 – 0044 東京都渋谷区円山町 5 – 3 萩原ビル 3F
〇電話番号 : 03 – 6455 – 0429
〇営業時間 : 13:00 – 17:00 / 18:00 – 24:00
〇定 休 日 : 不定期
〇URL : http://morinotosyoshitsu.com/
〇Facebook : https://www.facebook.com/morinotosyoshitsu/

※イベントなどで貸切の場合もありますので、HP をご確認ください。
※席料 500 円。年間会員の方は席料無料になります。

『 森の図書室 』詳細情報へ(ビール女子店舗情報)

 

★ビアライターみつきの「今日もどこかでソロビール」もくじ

1 杯め~パンとビール「365日(代々木公園)」~