1年を通じて季節の素材を使った “スイーツビール” を製造しているサンクトガーレン有限会社から春限定商品が登場! 2017年2月23日(木)から、 “天下第一の桜”と称される長野県伊那市高遠の桜を使ったビール『サンクトガーレン さくら』が季節限定で発売されます。

サンクトガーレン さくら 桜

 

桜の花びらも葉っぱも使用!

通常、ビールは大麦麦芽からつくられますが、このビールは小麦麦芽を併せて使用。ビールの苦味のもとになるホップの量を抑え、長野県伊那市高遠の桜の花びらと葉で風味付けされています。そのため柔らかい口当たりと、ふんわり桜餅風味を楽しむことができます。

試作を繰り返した納得の味わい

サンクトガーレンが秋冬限定で販売している焼リンゴビール「アップルシナモンエール」には、長野県伊那市のりんごを使用しています。その縁で、同市のもう1つの名物である高遠の桜を使ったビールを開発してほしい、と伊那市長の要望を受け今回の商品の試作を開始したのがきっかけなんだとか。高遠の桜は「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれるなど全国的にも有名です。

サンクトガーレン さくら 桜

手探り状態で試作を続ける中、ヒントになったのは桜の飲むお酢。しっかりお酢なのに、しっかり桜風味。
開発者の方の「桜特有の香り成分は花よりも葉のほうが多く含まれている」という話をヒントに、試作を繰り返して納得の味に仕上げることが出来たという、こだわりの1本です。

サンクトガーレン さくら 桜

これから訪れるお花見シーズンやホワイトデーにぴったりの『サンクトガーレン さくら』。春の楽しいひとときを彩ること間違いなしの1本です!

 

サンクトガーレン さくら
◯アルコール度数:5%
◯容量:330ml
◯価格:463円(税込)
◯原材料:麦芽、ホップ、桜(花と葉)
※香料は一切使用しておりません
※日本では桜がビールの材料に認められていないため、発泡酒表記となります。
◯公式サイト: http://www.sanktgallenbrewery.com/
◯Twitter: https://twitter.com/SanktGallenSHOP
◯Facebook: https://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
◯Google+:https://plus.google.com/+Sanktgallenbrewery/