昨日10月19日(水)から開催中の「大江戸ビール祭り 2016 秋」にて、サンクトガーレン有限会社からこのイベントでしか飲めない限定ビールが登場します! 限定販売されるのは200 個の生姜を使用した、その名も『ジンジャーIPA』。その正体とは!?

サンクトガーレン ジンジャーIPA

 

ジンジャーエールは本来ビールだった!?

清涼飲料水としてお馴染みのジンジャーエールの“エール”は、上面発酵ビールの総称であるエール (Ale) のことを指していて、発祥の地イギリスではもともとビールだったそうです。それがいつの間にかアルコールの入っていない清涼飲料の方が有名となり、本来のビールとしてのジンジャーエールは世界でも珍しいものになったのだとか。ジンジャエールのルーツがビールだったとは驚きですね。

 

生姜がぎゅっと詰まった独特な味わい

『ジンジャーIPA』は生姜200個を刻んで投入したIPAスタイルのビール。生姜をしっかり主張する量を使用し、生姜特有の爽やかな香りと独特のスパイシーな余韻が十二分に楽しめるビールに仕上がっています。

サンクトガーレン ジンジャーIPA

風邪予防や、冷え症対策にも良いと言われる生姜。『ジンジャーIPA』は飲むとピリッとした生姜独特の辛さが広がり、身体がポカポカしてくるので、肌寒くなってきた今の季節にぴったり♪

 

サンクトガーレン『ジンジャーIPA
◯原材料
麦芽、ホップ、生姜
◯アルコール
6% ※樽生限定販売。ボトルの販売はありません。
◯販売場所
「大江戸ビール祭り 2016秋」会場内サンクトガーレンブース
◯販売期間
シーズン1:2016年10月19日(水)~23日(日)
シーズン2:2016年10月26日(水)~30日(日)
◯価格
L (540ml)600 円 / M (420ml)500 円 / 4 杯選べる飲み比べ(210ml×4 杯)1,000 円
◯サンクトガーレンHP
http://www.sanktgallenbrewery.com/

 

大江戸ビール祭りで飲めます!

この『ジンジャーIPA』は、現在開催中の「大江戸ビール祭り 2016秋」限定で飲むことができます。『ジンジャーIPA』だけでなく、この季節に注目が集まる「アップルシナモンエール」や、「YOKOHAMA XPA(IPA)」など、8種類のサンクトガーレンのビールが集結。「大江戸ビール祭り 2016秋」ではぜひそのラインアップにも注目してみてください!

サンクトガーレン ジンジャーIPA

 

大江戸ビール祭り2016秋シーズン1
◯会期(シーズン1)
2016年10月19日(水)~23日(日)
◯時間(予定)
19日(水):16:00~22:00
20日(木)〜22日(土):11:00~22:00
23日(日):11:00~20:00
大江戸ビール祭り2016秋シーズン2
◯会期(シーズン2)
2016年10月26日(水)~30日(日)
◯時間(予定)
26日(水):16:00~22:00
27日(木)、28日(金):13:00~22:00
29日(土):10:00~22:00
30日(日):10:00~20:00
◯会場
東京電機大学跡地(東京都千代田区神田錦町2-2)
◯料金
入場無料 ※クラフトビールは300円から提供
◯出店数
各シーズン33社予定
◯主催
株式会社東京クラフトビールマニア
◯会場提供
住友商事株式会社
◯サイト
・『大江戸ビール祭り2016秋』公式ホームページ
http://oedo-beer-festival.jp/
・Facebookページ
https://www.facebook.com/oedo.beer.festival
・Twitter
https://twitter.com/oedobeerfest (@oedobeerfest)