13442570_10209969698145472_7978750170398531672_o

こんにちは、ビール女子編集ライターの宮原佐研子です。

クラフトビールブーム、盛り上がってます!
でも、その反面「ビールは苦手だな〜」女子がいまだに多いのも事実。そして、残念なことに、日本のビール類市場は12年連続マイナス更新中…。

ビールが苦手な理由によく聞くのは、「苦い」のと「お腹がふくれる」こと。
そんな方にオススメするのが、イギリスのフラーズ社のオーガニックビール『HONEY DEW(ハニーデュー)』です。

ハニーデュー

 

ビールが好きではない人のためのビールです

Fullar’s(フラーズ)は、1845年に創業。正式名称は、フラー・スミス・アンド・ターナー社で、ロンドン西部のテムズ川沿いのChiswick(チズウィック)に家族経営で始めたブルワリーです。その前身を含めると350年以上の歴史あるこの醸造所は、イギリスを代表するブルワリーの一つ。『ロンドン プライド』をはじめとして、ロンドン市内のパブで見かけない事がないほどで、世界でも人気のブルワリーです。

ハニーデュー王冠

ご存知のように、イギリス・ロンドンは、世界の中でもオーガニック先進国。2000年に誕生した『HONEY DEW(ハニーデュー)』は、一般的なオーガニック基準よりも厳しいと言われる、イギリスのオーガニック認証機関SOIL ASSOCIATIONに認証されています。

ハニーデュー

もちろん、ビールのクオリティとしても、CAMRA(カムラ ※)主催の『グレートブリティッシュ・ビア・フェスティバル』の金賞をはじめとして、これまでに数多くの賞を受賞。

そんなビールではありますが、本国の公式HPには「このビールは、ビールが好きではない人のためのビールです」と記されています。

※イギリスを拠点とした、伝統的なエールの復興が目的の消費者団体

 

柔らかくやさしい。だから、心がほどけます

ハネジューメロンってありますよね。このビールの名前 “ハニーデュー” は、日本で親しまれているハネジューという言葉と同じです。その意味は「甘露」。ゴールデンエールのビアスタイルのこのビールは、100%オーガニック原料で造り、アルコール分は5.0%。

ハニーデュー

グラスに注ぐと優しいはちみつの香りが鼻をくすぐります。ホップはFirst Gold Hopを使用。ホップ持つシトラスや花の香りと酵母由来のオレンジの香りが爽やかに絡み合い、オーガニックハニーの柔らかい甘さがふわりと口に広がります。また、イギリスのエールビールは、炭酸が強くないタイプが多く、このビールも柔らかいカーボネーションなので、お腹が膨れづらいのが特長です。

イギリスで長く愛されるキャラクター、くまのプーさんも飲んでくれそうなビール。
…あ、彼のお腹の膨らみはビールのせいではありません(笑)

合わせて食べたい料理やスイーツは?

今回、私がまず最初にこのビールと合わせたのは、サーモンのキッシュ。

ハニーデュー王冠

キッシュの卵生地のまろやかさがはちみつの柔らかさとの相性抜群。そして、オレンジのような柑橘系の香りがサーモンの美味しさをさらに引き立てます。
ちなみに、公式HPでは、サラダやタイ料理と合わせるのがブルワーのオススメです。
このキッシュとのペアリングに、みずみずしいサラダを添えれば、休日のブランチの出来上がり!
春の訪れを感じるような柔らかい日差しの日には、このセットとひざ掛け持参でプチピクニックしたくなります。

そして、もう一つお勧めしたいペアリングは、オレンジジンジャーケーキ。

ハニーデュー

ビールにスイーツ?!と侮るなかれ。ジンジャーのピリリとした風味が効いた大人風味のベイクドケーキを、ハニーデューの柔らかい甘さが包み込み、オレンジの風味の相乗効果で思わず「合う!」と叫んでしまった私です♪

ぜひ、お試しあれ!

 

Information

【今回のオススメビール】

◯タ  イ  プ: オーガニックビール

◯商  品  名: HONEY DEW

◯アルコール度数: 5.0%

◯容     量: 330ml

◯ビアスタイル : ゴールデンエール

◯醸  造  所: フラーズ・スミス・アンド・ターナー

◯代  理  店: アイコン・ユーロパブ株式会社

※原料にはちみつを使っているため、日本の税法上、発泡酒となります。

 

▼これまでの『体にうれしい♪オーガニック&ロカボビール』一覧はこちら!

4ea667bcaa02d87ab3787a3689094565