本場のオクトーバーフェストビア2種が「世界のビール博物館」全4店、「クラフトビールタップ」全3店にて、9月5日より日本最速(※)で解禁しました。東京だけでなく、横浜、大阪、名古屋の系列店舗も含め、合計16店舗にて同時解禁いたします。※ドイツのプレミアムビール各種の輸入を手掛けるグループ会社が正規代理店のため。

IMG_7168

 

 

2種類のオクトーバーフェストビア解禁

「オクトーバーフェスト」とは、ご存知の方も多い、毎年9月第3土曜日から10月第1日曜日までの2週間、ドイツ・バイエルン州の州都ミュンヘンで開催される世界最大のビールの祭典です。

d20544-2-909237-4

このお祭り専用に醸造されるビールを「オクトーバーフェストビア」と呼びます。この専用ビールをドイツ政府から正式に醸造許可されているのは、わずか6つの醸造所だけ。

その中から今回日本で最速解禁となったのは、ホフブロイ・ミュンヘン醸造所が作る『ホフブロイ・オクトーバーフェストビア』と、シュパーテン醸造所が作る『シュパーテン・オクトーバーフェストビア』です。

 

ホフブロイ・オクトーバーフェストビア

IMG_7143

アルプスの丘陵地帯地下150mのピュアウォーターを使用し、伝統的かつハイレベルな技術で厳選吟味した上質の麦芽とホップで醸造するホフブロイのフェストビア。例年よりアルコール度数が高く、しっかりとした味わいが特長です。豊かなモルトの香りを感じながら、爽快な喉ごしでゴクゴクと進みます。

 

シュパーテン・オクトーバーフェストビア

IMG_7165

ビールの本場ミュンヘンで600年以上の歴史を持ち、オクトーバーフェストの中でもエースのような存在の醸造所が造りだすフェストビア。フルーティーな香りとさっぱりとした後味が絶妙なバランスを保っています。

 

ちなみにこのビール、本場オクトーバーフェストでも振る舞われるMASSサイズ(1000ml)でもいただくことができます。その重さなんと2.5kg。本場の味わいを本場のサイズで楽しんでみるのもいいですね。

IMG_7151
↑本場ではこのように手首で支えて持つそうです。ぜひ真似してみてくださいね♪

 

今回の解禁に合わせて店内もオクトーバーフェスト仕様に装飾が施されており、本場にいるような気分を味わうことができます。

IMG_7172

さらには、「ビール純粋令」500周年を記念して、オクトーバーフェストビアのMASSサイズを通常価格2,600円(税サ別)のところ、特別価格1,516円(税サ別)で飲むことができるとのことです。実施店舗はクラフトビールタップ新宿三丁目店、ヨドバシAkiba店、銀座マロニエゲート店。

ビールの本場ドイツで開催される「オクトーバーフェスト」にて振る舞われる本物のビールをたっぷりと楽しめるチャンス。ぜひMASSサイズのジョッキでも挑戦してみてくださいね♪