朝まで飲めるビアバー

仕事終わりに一人でしっぽりと飲みたい夜。友達と時間を忘れてビール片手に語り合いたい夜。女子にだって朝まで飲みたい日はある!

ということで、東京都内で朝まで営業しているビアバーを編集部が突撃! 「朝までビール旅」を身体を張って体験してきました。 思わぬ出会いがたくさん転がっている深夜のビアバーの、楽しい様子をたっぷりお届けします♪

 

【22:30】 1軒目『Two Dogs Taproom』

さて、最初に訪れたのは夜の街六本木。人々で賑わう喧騒から少し外れたところにある『Two Dogs Taproom』へ。国内外のクラフトビールを本格窯焼きピザとともに味わうことができる、ビール好きなら押さえておきたいビアバーです。

twodogstaproom ツードッグスタップルーム 六本木 ビアバー

扉を開くと、アメリカンなお洒落な雰囲気が広がります。スタッフさんもお客様も外国人が多く、まるで海外のビアバーを訪れたかのような気分を味わうことができます。

twodogstaproom ツードッグスタップルーム 六本木 ビアバー

お店には日本とアメリカのクラフトビールを中心に24のタップが常設。まずはオリジナルビールの『Roppongi Pale Ale』でカンパイ!

twodogstaproom ツードッグスタップルーム 六本木 ビアバー

ビールを楽しんでいると、「ビール女子!?いいね!」と陽気にお酒を楽しむおじさま達に出会いました。すでに何軒かはしごをしているとのことで、彼らの夜はまだまだ長そうです。

twodogstaproom ツードッグスタップルーム 六本木 ビアバー

さらにカウンターではひとりビールを飲むビール女子に出会いました。このお店で働く店員さんだそうで、仕事終わりのビールを楽しんでいるとのこと。ぐびっとビールを飲み干す姿についつい見惚れてしまいました。ん〜かっこいい!

 

Two Dogs Taproom
◯住所:東京都港区六本木3-15-24 ARIESビル 2F
◯アクセス:東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 徒歩4分
◯営業時間
ランチ【月~金】11:30~14:30
ディナー【日、月】17:00~23:30【火〜土】17:00〜翌03:00(2:30L.O.)
◯公式HP:http://www.twodogs-tokyo.com/
▶︎ビール女子店舗情報:http://beergirl.net/two-dogs-taproom_t/

 

 

【23:30】 2軒目『Ant’n Bee』

六本木に来て、ここに立ち寄らないわけにはいきません。「六本木」駅から徒歩約2分、陽気な雰囲気に誘われて訪れたのは、クラフトビアバー『Ant’n Bee(アントンビー)』。夕方から朝6時までビールが飲める、この特集には欠かせないビアスポットです。

アントンビー 六本木 ビアバー

ここで楽しめる国産クラフトビールの数は樽生で22種類。こだわりの料理も数多く揃っています。

アントンビー 六本木 ビアバー

ここを訪れて注目すべきが、元気いっぱいな店員さんたち。明るくフランクな雰囲気で会話も弾み、まるで友達の家を訪れたかのような気分に。常連さんがついつい朝まで長居しちゃうというのも頷けます。

アントンビー 六本木 ビアバー
↑無茶ぶりをすればノリノリでトーテムポールだってしてくれます(笑)

居心地の良いほっこりとした雰囲気に、一度訪れたらファンになること間違いなし。ソロ飲みにもぴったりなビール女子必見のビアバーです。

 

Ant’n Bee(アントンビー)
◯住所:東京都港区六本木5-1-5 B1F
◯アクセス:東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅3番出口 徒歩2分
◯営業時間:17:00~翌6:00(※年中無休)
◯公式ブログ:http://ameblo.jp/roppongi-beerbar-antnbee/
◯Facebook:https://www.facebook.com/antnbee/

 

 

【2:20】 3軒目『Goodbeer faucets』

さて、終電の時間もすっかり過ぎて、「朝までビール旅」もどんどん盛り上がってまいりました♪

六本木を堪能した後は、渋谷へ移動。文化村通りを奥へ進んでいくと現れる、黄色に光る大きい看板が目印の『Goodbeer faucets(グッドビア フォウセッツ)』へ。

グッドビアファウセッツ 渋谷 ビアバー

開放感ある広々とした店内でひときわ目を引くのは、中央に並ぶタップの数。ここには、日本やアメリカのクラフトビールがバラエティ豊かに樽生で40種類揃います。

グッドビアファウセッツ 渋谷 ビアバー

ビールのメニューはスタイル別に表示され、一つ一つにきちんと説明が書かれていて分かりやすいのが嬉しい。ビールに詳しくない人でも気軽に楽しめます♪

2B8A8124

 

↑『Goodbeer faucets』でしか味わえないオリジナルハウスビール。

仲間と賑わうのもよし、恋人とまったりしたり、一人でしっぽりと飲むのもよし。様々なシチュエーションに寄り添うビアバーで、時間を忘れてビールを堪能することができます。

 

Goodbeer faucets(グッドビアフォウセッツ)
◯住所:東京都渋谷区松濤1-29-1 CROSSROADSビル 2F
◯アクセス
京王井の頭線「神泉」駅 徒歩約4分
京王井の頭線、東急田園都市線、東京メトロ半蔵門線「渋谷」駅 徒歩5分
◯営業時間
【月~木】17:00~0:00
【金】17:00~3:00
【土】13:00~0:00
【日】13:00~23:00
※ラストオーダーは閉店30分前です。
◯HP:http://goodbeerfaucets.jp/
◯Facebook:https://www.facebook.com/goodbeerFaucets

 

 

【3:10】 4軒目『WasserFall』

次なるビールを求めて千鳥足で向かった先は、ちょっと怪しげ(?)なビルの中にある、知る人ぞ知るビアバー『WasserFall(ワサファル)』。

2B8A8134

 

ドイツやオーストリアを中心としたドラフトビール4種とボトルビールが20種類が揃い、それとともにソーセージなどビールと相性抜群の料理を味わうことができます。

ワサファル 渋谷 ビアバー

すでに酔っ払いの私たちを、とびっきりの笑顔で迎えてくれたのはスタッフの歩美さん。普段はすぐ近くの姉妹店『WAILELE(ワイレレ)』でも働いているとのこと。おすすめのビールを優しく教えてくれました。

ワサファル 渋谷 ビアバー

スタッフさんや隣の常連さんとの会話が楽しい、ついついまったりとくつろいでしまうアットホームなお店は行く価値ありです!

 

WasserFall(ワサファル)
◯住所:東京都渋谷区道玄坂1-11-1 第2大番ビル404
◯アクセス
京王井の頭線「渋谷」駅西口 徒歩1分
JR山手線他「渋谷」駅 徒歩4分
東京メトロ銀座線「渋谷」駅 徒歩5分
◯営業時間
【月〜木】17:00~翌 2:00
【金】17:00~翌5:00(L.O翌4:00)
【土】15:00~翌5:00(L.O翌4:00)
【日】15:00~翌2:00(L.O翌1:00)
※不定休
◯HP:http://www.cataratas-shibuya.com/group/
◯Facebook:https://www.facebook.com/infowasserfall/

 

 

【04:05】 5軒目『THE GRIFFON』

さて、ラストスパートです! 渋谷ヒカリエ近く、暗い街並みの中に神々しく光る看板を発見。恐る恐る地下の階段を覗くとイケメンスタッフさんが笑顔で迎えてくれました。

グリフォン 渋谷 ビアバー

最後に訪れたのは、クラフトビールの名店『BEER DINIG THE GRIFFON(ビアダイニング ザ グリフォン)』。

グリフォン 渋谷 ビアバー

国内だけでなくアメリカやスコッチランドなどのこだわりの銘柄が常時20種類以上揃います。

グリフォン 渋谷 ビアバー

「普段の忙しい毎日から少し距離を置き、ゆっくりとした安らぎの空間を提供すること」というコンセプト通り、温もり感じる落ち着いた雰囲気が広がります。時間を忘れてまったりできるから、デートや女子会にもぴったり。もちろん女性がひとりでも訪れやすいお店です。

グリフォン 渋谷 ビアバー
↑本日最後のカンパイ!

 

BEER DINIG THE GRIFFON(ビアダイニング ザ グリフォン)
◯住所:東京都渋谷区渋谷2-22-6 幸和ビル B1F
◯アクセス
副都心線「渋谷」駅15番出口 徒歩1分
山手線「渋谷」駅南口 徒歩 2分
◯営業時間
【火〜土】17:30~翌5:00
【日・月】17:30~24:00
◯HP:http://www.beer-dining-the-griffon.com/
◯Facebook:https://www.facebook.com/THE-GRIFFON-187211417975565/

 

ということで、無事「朝までビール旅」を終えることができました!

ビール片手に店員さんや周りのお客様との会話を楽しんでいると、あっという間に時間が過ぎる「朝までビール旅」。まだ飲んだことのないビールや、陽気なスタッフさんなど、どんな出会いがあるかはあなた次第です。なんだか朝まで飲みたい日や、終電逃しちゃった! なんてときはぜひ足を運んでみて。飲み過ぎと夜道には十分気をつけて楽しんでくださいね♪

 

 

※撮影:酒井萌