キリンビール株式会社(以下、キリンビール)「グランドキリン」のファンコミュニティ「びあのわ」。「ビール愛」を合言葉にビール好きが集い触れ合うコミュニティとして、様々な会員限定イベントを開催しています。

biayose03

第3弾として先日開催されたのは、「落語×ビール」をテーマとしたイベント、その名も『びあ寄席』です。「落語」と「ビール」は、その奥深さや多様性など、実は共通点が多く相性の良い組み合わせ。その粋なイベントの様子をお届けします。

 

個性あふれるビールと噺のペアリング

今回登場したのは5人の落語家たち。それぞれがグランドキリンのキャラクターにぴったり合う噺を披露してくれました。

biayose11

左から、柳亭小痴楽さん、立川生志さん、春風亭一之輔さん、立川晴の輔さん、柳亭こみちさん。みなさん個性と実力を兼ね備えた人気落語家です。

 

キリンビール株式会社からは、商品開発研究所 中味開発グループの蒲生徹さんが登壇。

biayose10

キリンビールが造り出すビールの味わいや香りの特徴、製法のこだわりを丁寧に教えてくださいました。

 

落語と一緒に楽しむために登場したビールは全4種類。ペアリングの組み合わせは以下の通りです。

biayose9

 

 

シリーズ定番に合わせるのは?

グランドキリンシリーズ定番の『ディップホップ・インディア・ペール・ラガー』は、フルーティーな香りとしっかりとした苦味が感じられる新感覚のラガー。

biayose2

定番ながら個性的な味わいにぴったりな古典滑稽噺を披露してくれたのは、落語会の若きエース春風亭一之輔さん。

biayose8

軽快なテンポと独特の話し口で会場を笑いで包みます。王道でありながらどこか新しいスタイルの噺は『ディップホップ・インディア・ペール・ラガー』と合うのも納得です。

 

発売間近のヴァイツェンボック登場!

イベントには、2016年11月8日(火)発売予定の『グランドキリン ディップホップヴァイツェンボック』が登場。

biayose7

エールタイプの華やかな香りと、しっかりとした飲みごたえが両立した無濾過ビールです。チェコ産ザーツホップを使用しており、豊かで奥行きのある香りと上質な苦味が特徴です。

biayose6

そんなしっかりとした飲みごたえをイメージした古典落語を披露してくれたのは立川生志さん。聞きごたえのある骨太の噺で、会場全体が生志さんの独特の世界観にぐっと引き込まれます。ビール片手についつい時間を忘れてしまうほどでした。

 

最後はみんなでカンパイ!

落語とビールのペアリングを一通り楽しんだ後は、落語家たちとともに乾杯。「落語」と「ビール」の化学反応を会場一体となって楽しむことができたイベントでした。

biayose4

毎回盛り上がりを見せるビール好きのコミュニティ「びあのわ」。次は一体どんなイベントが開催されるのでしょうか? 今後の活動から目が離せません。