1988年シカゴに誕生した伝説的ビールで、日本への上陸を心待ちにしていたビアファンも多いグースアイランド。
2016年5月17日(月)、GOOSE ISLAND JAPAN LAUNCH(グースアイランド ジャパンローンチ)が行なわれました。

 

gooseisland1

 

グースアイランドは全米のみならず、昨年末からはベルギー、ブラジル、韓国、中国、そして日本など世界で飲めるよう、力を入れているとの事。

今回日本へは、醸造家たちが1000種類以上のレシピから3種類をセレクトしました。日本人の多種多様な味覚に合わせ、まったく違うタイプを選んだそうです。そちらは5月17日(火)より楽天市場内で発売開始されました。
詳しくはこちら☞『GOOSE ISLAND』が日本初上陸!日本人のために厳選された3種類が限定発売

 

ローンチでは、3種類のビールとペアリングされたフードを味わってきました。食事と合わせるフードペアリングを念頭にビール造りをしているというグースアイランド。これは期待できますね!さっそくご紹介します。

 

sofie

 

SOFIE(ソフィ)× ムール貝と小麦のサラダ アンディープのポートスタイル、シトラスのアロマ

SOFIEは創業者ジョン/ホール氏のお孫さんの名前でもあるそうです。オレンジピールの風味が爽やかで、ワイン樽で熟成したベルギーファームハウスエール。

ビールに合わせてフードにはシトラスの香り付けがされています。

こちらのビールは魚介類とのペアリングがおすすめで、アメリカでは寿司と好まれて合わせられているとそうです。

 

gooseipa

 

GOOSE IPA(グース アイピーエー) × 焼きアスパラとゴルゴンゾーラのミニハンバーガー

「グレート/アメリカン/アワード」でも受賞した、グースアイランドの看板商品。

アイダホ州で栽培している自社ホップを使ったIPA。フルーティーな香りにしっかりとしたホップの後味が特徴です。

ホップに負けないようソースにはゴルゴンゾーラを使っているという事です。

 

honkersale

 

HONKERS ALE(ホンカーズエール)× 自家燻製ペッパーベーコンのスペディーニ アップルジンジャーソース

グースアイランドの原点と言えるビール。創業者ジョン/ホール氏が英国でパブを巡り、この味をアメリカでも再現したいという思いで創業初期に醸造したビール。

ビール名はグースアイランドのシンボルでもあるガチョウの鳴き声に由来するそうです。

ビールにはキャラメルモルトを使用。フルーティーなホップの香りとモルトの苦味のバランスが絶妙です。

ベーコン、タマネギ、パプリカに甘みがあるBBQソースとHONKERS ALEがマッチ。

 

gooseisland2
GOOSE ISLANDアメリカ責任者Jesse Valenciana氏(写真右)と日本商品責任者福浦まり恵氏(写真左)

 

「グースアイランドは今まで飲んだ中でベストなビールだと思ってもらえるビール造りを常に心がけている」とにこやかに語るグースアイランドアメリカ責任者のJesse Valenciana氏(写真右)。

その味わいをぜひ体験してみてくださいね!

 

以前アメリカからのお土産でSOFIEを飲んで上陸を楽しみにしていました!オレンジピールの香りとワイン樽熟成のしっかりした味わいに女性ファンが多いのも納得です。ペアリングも、家でも試してみたいと思います〜。(編集員:福岡)