sl_2016summer

縁側でのビールの楽しみ方を提案する「えんがわ夏休み」。前回の「えんがわでエンガワとビールを味わおう」とは打って変わり、今回の縁側テーマは昔懐かしい線香花火です。

 

東と西で形が異なる線香花火

夏の風物詩の一つである花火。夏の夜空に華やかに打ち上がる花火もいいけれど、家の縁側に腰掛けてわいわい手持ち花火も楽しいですね。綺麗に咲き乱れ、儚く散りゆく線香花火には、日本人なら誰しも感じる情緒があります。

IMG_6330

実は関西地方と関東地方でその構造が違うってご存知でしたか?その歴史や楽しみ方など東西の線香花火について、縁側で線香花火を楽しみながら飲みたいビールと一緒にご紹介いたします。

 

300年変わらない元祖・線香花火

まずは歴史の長い西の線香花火。目にしたことのない方が殆どだと思いますが、実は300年前の江戸時代に誕生した線香花火の原形! 竹ひごや藁でできた柄の先に、火薬がむき出しに付いている「スボ手」という構造で作られており、米づくりが盛んで藁が豊富にあった関西地方を中心に親しまれてきたそうです。

IMG_62561
「スボ手牡丹」 (筒井時正玩具花火製造所)

線香花火を楽しみながらまったり飲みたいビールに、 Far Yeast Brewing Company「馨和 KAGUA」Blancをチョイス。「和」のハーブ“ゆず”と“山椒”や特別な酵母など、産地指定の厳選された素材を使用しているこのビールは、職人のこだわりがぎゅっと詰まり、「和」を思わせる素朴な「スボ手牡丹」にぴったり。

IMG_62601

見た目とは裏腹に豪快に咲き乱れ、あっけなく消えゆく「スボ手牡丹」。その姿はまるで、華やかな香りとすっきりとした後味が印象的な『「馨和 KAGUA」Blanc』を体現しているかのよう。

 

カラフルに夏を彩る、東の線香花火

東の線香花火は、みなさんご存知、色鮮やかな柄が特徴の花火です。火薬がむき出しの「スボ手」とは異なり、火薬が和紙に包まれている「長手」という構造で作られています。紙すきが盛んだった関東地方では、関西地方から伝わる際、藁の代わりに紙で火薬を包むようになったのが始まりと言われています。

IMG_6266
「長手牡丹」 (筒井時正玩具花火製造所)

この「長手牡丹」を楽しみながら味わいたいビールは、ベアード・ブルーイング『Suruga Bay Imperial IPA(スルガベイ インペリアルIPA)』。色鮮やかな花火が描かれているラベルは、駿河湾の空にホップが花火のように咲き乱れている様を表したそうです。

IMG_62771

刺激的で強い個性のアメリカンホップを数種類ドライホップとして使用しているこのビールは、ガツンとしたホップの香りが広がります。ほろ苦い後味は、「長手牡丹」の切なく散る姿と重なります。

 

目まぐるしく表情を変える線香花火の一生

数十秒間の線香花火の一生には、実は4つの表情があります。それぞれに素敵な名称がつけられていて、目まぐるしく移ろう線香花火の起承転結を楽しむことができます。

◼︎蕾:酸素を吸い込みながらどんどん大きくなっていく火の玉。今にも弾けそうな瞬間は、さながら花を咲かせる前の「蕾」のよう。

◼︎牡丹:やがてパチッ、パチッと一つずつ、力強い火花が散り出します。称して「牡丹」。迷いながらも一歩一歩進んでいく青春時代を彷彿させます。

◼︎松葉:やがて勢いを増し、「松葉」のように次々と火花が飛び出します。結婚や出産、子供の成長、優美な火のアーチを眺めていると、不思議と幸せな出来事が重なります。

◼︎散り菊:火花が一本、また一本と落ちていく「散り菊」。静かに余生を送る晩年といえます。赤から黄に変わった火の玉が光を失った瞬間、線香花火の一生は幕を閉じるのです。

情報参照元:「筒井時正玩具花火製造所」HP

 

東西線香花火を比べてみた

東西の線香花火に火をつけるとどう違うのか?国産線香花火を手がける福岡の「筒井時正玩具花火製造所」の線香花火の光を、縁側で楽しんでみました!

◼︎東の線香花火

14695150032gFcRyMmr36VXrG1469515001

火をつけると大きな「蕾」からパチッパチッと大きな音を立て、花が咲くように散る火花はとても幻想的。最後は静かにぽとりと落ちていきました。

◼︎西の線香花火

14695147170474WZeXjv5uqCu1469514715

東の線香花火とは打って変わり、火をつけた瞬間勢いよく燃え上がる西の線香花火。ダイナミックに花を咲かせますが、最後にはしゅんと切ない表情を見せて散っていきました。(※花火の状態や気候によって光の様子は異なる場合があります。)

IMG_6328

ちなみに西の線香花火は先を斜め上に向けると、火玉が長持ちしてより楽しめるんだとか。

 

長くなりましたが、線香花火の世界をほんの少しご紹介させていただきました。幼い頃に家族や友人と線香花火を、大人になった今、もう一度楽しんでみることでその情緒がさらに増すはず。 この夏はこどもの心を取り戻して夏の風物詩を堪能してみてくださいね。もちろん美味しいビールとともに♪

ビール女子主催!縁側イベントを開催します

ビール女子では来る2016年8月7日(日)、『昼からビールで乾杯! 古民家でえんがわ夏休み』をリアルに体験できるイベントを開催します!風情のある縁側で、”エンガワ”とビールや、スイカのビアカクテル、風鈴ワークショップを一緒に楽しんでみませんか?

▽イベント詳細はこちら

IMG_39421

西の線香花火 「スボ手牡丹」 / 東の線香花火 「長手牡丹」
◯製造会社:筒井時正玩具花火製造所

◯住所:〒835-0135 福岡県みやま市高田町竹飯1950-1

◯HP:http://tsutsuitokimasa.jp/