始まりました! 「ビール女子」と「 SPRING VALLEY BREWERY (以下、SVB )」のコラボ企画! 独特の世界観溢れる SVB のビールたちの魅力を深堀すべく、ビール女子リポーターなな瀬が時にはゲストをお迎えし、探求していこうと思います。そして記念すべき第一回は、SVBマスターブルワーの福井さんを訪ね、身近にある食材でSVBのビールとの最高のペアリングを探してきました!

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

 

家でも試せるペアリング

今回向かったのは、横浜にあるキリンの歴史を感じられる「 SPRING VALLEY BREWERY YOKOHAMA (スプリングバレーブルワリーヨコハマ)」。建物内に入ると綺麗なインテリアが並ぶ落ち着く店内です。どこか歴史を感じる重厚感もあり、なんだか安心できる自宅のような温かい雰囲気もあります。

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

そんな場所で、 SVB ブルワーの福井さんとビール女子リポーターのなな瀬が繰り広げたのは、コンビニやスーパーで手軽に手に入る食材でどこまでビールと料理の味を広げられるか!

スプリングバレー
▲今回飲ませていただいた、SPRING VALLEY BREWERY の 6 種類のビールのラインナップ

左から「496」「COPELAND」「In the Dark」「on the cloud」「Daydream」「JAZZBERRY

 

 

DRINX「おうちで “ビアフライト” セット」としても手軽に購入できる各ビールのキャラクターに合いそうなものを想像しながら用意した食べ物たちですが、いざ試してみると予想外の結果に・・・!

 

「ブルワー × ビール女子」 ~味の広がりの探求~

実際の用意したのは、だいたいがコンビニで手に入るもの。甘いものからしょっぱいものまで、とにかくたくさん並べてみました! わくわく!

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

それでは、いざ実食! まずは、福井さんが一番気になると言っていた豆腐から。柚子や山椒が入った「 Daydream (デイドリーム)」に合わせたい思っていたので、柚子が入った肉そぼろを薬味として使用してみました。最初の一口目・・・

なな瀬:あれ? 豆腐の存在感が全くないですね。

福井:そうですね、たしかに。ちょっと味付けに塩を足してみましょう。

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

なな瀬:お! お~! これはすごい! 豆腐の味も、「 Daydream 」の山椒と柚子の香りが引き立ちました! ネギの香りもまとまりますね。

福井:ですね。う~ん、豆腐の旨味も出てきました。もともと、「塩 + だし(旨味)」と「デイ・ドリーム」は合うという仮説は立ててたんですよね。ちょっと醤油も試してみていいですか?

なな瀬:あれ? こうなると「 Daydream 」の香りが弱まりました。

福井:ですね。調味料のチョイスでもこんなに変わっちゃうんですよね。面白いですね。
これは、みなさんにもぜひ試していただきたいです。「豆腐 + 〇〇」で変わるビールとの相性。一番手軽ですし、面白いですよ。

最初の食品だけで、一気に盛り上がったテンションから、次に選んだのは「トルティーヤ」。

 

なな瀬:私、これは「 COPELAND (コープランド)」にどうかなと思ったんです。「トルティーヤ」の皮の粉っぽい感じと、ピルスナーの穀物の香りが合うんじゃないかと思って。

福井:なるほど。では、試してみましょう。

福井なな瀬:うん! 合いますね!

なな瀬:やっぱりこの組み合わせいいですね!

福井:はい。穀物同士の味わいが合ってますね。

なな瀬:ちなみに、飾りのように添えてある「生ハム」も一応ペアリングとしての一品です。

福井:これは「塩 + 旨味」だから、「 Daydream 」が合うでしょうね。

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

なな瀬:そっか~、なるほど。うん! 「生ハム」の香りの広がり方がハンパじゃないですね! これは驚きです。

福井:うん、そうですね。これくらいの塩加減だと、やはり「 Daydream 」がいいですね。もう少し塩が弱い「生ハム」だと、「 COPELAND 」の方が合うんですよ。

なな瀬:へ~。ペアリングの底が知れないですね。

 

こちらも「トルティーヤ」の中身や「生ハム」味付けによって印象が変わる傾向がありました。ただ、「トルティーヤ」は穀物や野菜の甘味が楽しめる料理なので「 COPELAND 」の優しい味わいにマッチして、さらにお互いの香りを引き出し合ってくれました。

 

なな瀬:さて、次はどうしますか?

福井:僕、これは絶対合うと思うんです。「きんぴらごぼう」と「 496 (ヨンキューロク)」。

なな瀬:え? そうなんですか? 私「 In the Dark (インザダーク)」のイメージで用意したんですが。気になります! (ゴクリ)・・・あ、本当だ。お互いの香りの強さが同等な感じですね。「 In the Dark 」だと、ビールの酸味が強調されちゃいました。

福井:そうですね。ちなみにピルスナーの「 COPELAND 」だと、料理の香りを洗い流してしまうイメージなので、合わなくはないですがペアリングとは言いづらいですよね。

なな瀬:なるほど~。奥が深い。この相性、なんて説明すればわかりやすいですかね~?

福井:う~ん、ごぼうの土っぽさが合うんですよね。

なな瀬:なるほど! 土の香りに、ホップのグリーンの香りが合わさって、生き生きとした植物のような感じありますね!

福井:うん、外に生えてる植物のような感じ。森ですね。「きんぴらごぼう」とビールで森。いいですね(笑)。

 

序盤ですでにトークが止まらない二人ですが、酔いも回り、俄然ペアリング探求に熱が入ります。この辺から目がマジ(笑)。

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

続いて試したのが、「カマンベールチーズ」。臭みのある食品ですが、果たして・・・

 

なな瀬:これ香りが強いからどうですかね?

福井:う~ん、合うとしたらどれだろう・・・

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

なな瀬:・・・んっ! これ「 on the cloud (オンザクラウド)」すごいです! なんだこれ! ビールの甘味が際立って、チーズのコクと香りが迫ってきます!

福井:うん、そうですね。「 on the cloud 」はもともと白ワインに似たキャラクターがあるから、チーズによく合いますねぇ。

なな瀬:あ、そっか~! これまた面白すぎます。では、そろそろスイーツに突入しましょうか。

 

もちろん「ビール × Sweets 」にもチャレンジ!

ここまで、いわゆる “おつまみ” で盛り上がってきましたが、女子が気になるスイーツにもメスを切りこんでみました!

 

なな瀬:これはメープル風味のナッツですね。どうでしょう?

福井:これはね、「 In the Dark 」でしょうね。

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

なな瀬:お、美味しい(笑)。なんか、普通にすっとまとまりましたね。自然すぎるくらい一体になりました。

福井:鉄板ですね(笑)。新しさはないかも。

なな瀬:では次、ガトーショコラいってみましょう! これは間違いなく「JAZZBERRY(ジャズベリー)」じゃないですか~?

福井:うん、そうですね。

なな瀬:お~! 美味しい! 確かに美味しいけど、予想以上に美味しい!! これ、ケーキ、ビール、ケーキ、ビール、っていうサイクルでエンドレスで楽しめますね! チョコのコクが引き立って、さらにベリーの酸味が心地いい!

福井:あ~、この「ガトーショコラ」には確かに「JAZZBERRY」が合いますね。代官山の SVB で出しているものだと、「インザダーク」の方が相性が良かったりするんですよ。

なな瀬:へ~! そうなると、もうどこどこのこれって、メーカーも指定して紹介したくなりますね(笑)。この「チョコクレープ」だとどうでしょう?

福井:生クリームが入ってるとね、「In the Dark」なんですよ。

なな瀬:本当だ! このクリームの脂肪分がビールの味をまろやかにしますね! う~ん、美味しい。

 

スイーツとのペアリングもとても奥が深く、目からウロコのオンパレードでした。ちょっとした原材料の違いや、調味料の風味でころころと姿を変える香りと味わいに、ついついお腹のキャパも考えずに食べて飲んで盛り上がってしまいました。

 

 

誰でも自宅で再現できます!

さて、長々と熱のこもったペアリング探求をお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。気になる組み合わせはありましたか? 今回試した食材は、誰でもすぐに手に入るものばかりですし、ビールはキリン直営のオンラインショップ DRINX で簡単に購入できます。おつまみは同じ料理でも、食品メーカーの味付けの違いだけですごく印象が変わるので、メーカー比べも面白いかもしれないですね。

SVB 横浜 スプリングバレー ペアリング

あなたも秋の夜長に、お洒落なビールと手軽に試せるペアリングを体験してみてはいかがですか?

 

 

▼SPRING VALLEY BREWERYの商品がお店以外で唯一帰る場所『DRINX』はこちら↓↓↓

DRINX

DRINX(ドリンクス)は、「みなさまと一緒にワクワクする“ドリンクの未来”をつくっていきたい。」
という思いを込めてオープンしたキリン直営のオンラインショップです。
ここでしか買えない限定の商品や情報・イベント告知など盛りだくさん。素敵なドリンクライフをお届けします。

********

▼撮影協力

SPRING VALLEY BREWERY YOKOHAMA